無細胞ワクチンムサイボウワクチン

無細胞ワクチンはどんな病気?
無細胞ワクチンは百日咳のワクチンで投与されているもので、日本でもアメリカでも予防接種で投与されてきています。一時期、投与されているにもかかわらず、アメリカで百日咳が大流行になり、問題になっていたのです。その時の状況が、詳しく調べられた結果、無細胞ワクチンが原因のことが判明したのです。その後、安全な新規の無細胞ワクチンの開発がなされています。


無細胞ワクチンの症状
無細胞ワクチンとは、百日咳などの乳児がよくかかる感染症の予防ワクチンとして広く用いられており、加えて破傷風やジフテリアといった感染症の予防のための三種混合ワクチンとしても有名であります。このワクチンを生まれてすぐの乳児に投与することにより、多くの感染症に対する免疫力が向上し、実際に病気を患った際にもその症状を和らげることが可能です。

無細胞ワクチンの原因
無細胞ワクチンは百日咳の原因とも考えられており、グラム陰性桿菌が飛沫感染や接触感染によって感染が広がります。百日咳の発症条件はまだ解明されたいないため、種主の生物活性物質が病原因子の発症に関与している説が有力です。アデノウイスルやマイコプラズマ、クラミジアなども百日咳と同様の症状が起こるとされ診断上の注意が必要になってきます。

無細胞ワクチンの検査と診断
百日咳と判断する検査方法として、鼻咽頭からの病原菌の採取があります。乳幼児に関しては、重篤になる可能性が高く、母親からの移行抗体が期待できないため、早期の予防接種が必要です。しかし、過去にこの予防接種による脳症への重篤な副作用発生があり一時中止、その結果、死亡率は上がりました。その後、百日咳ワクチンの改良がすすめられ、現在の無細胞ワクチンを含む三種混合ワクチンが導入され、接種率は向上しました。

無細胞ワクチンの治療方法
百日せきの治療法ですが、ワクチンの接種が始まったのが1950年です。その当時のワクチンには菌体が入っており、副反応があります。今のワクチンは、菌体が入っていない無細胞ワクチンが使われています。これにより、副反応を軽減することができます。予防接種率が減少すると共に、百日せきの患者、死亡者数は増加している為、予防接種をすることをおすすめします。

無細胞ワクチンの初診に適した診療科目

無細胞ワクチンの専門外来

無細胞ワクチンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ