慢性静脈還流生涯マンセイジョウミャクカンリュウショウガイ

慢性静脈還流生涯はどんな病気?
慢性静脈還流生涯とは、慢性静脈不全症のもととなる病気で、下肢の静脈の血流がうっ滞することが原因でおきます。立ちっぱなしや座りっぱなしの状態が続くことで、むくみ・はれ・重い感じがする・だるいなどの症状がみられ、悪化するとしこり、色素沈着や潰瘍ができることもあります。治療法は、血流を良くする内服薬や弾性ストッキングの着用、手術療法など原因に合わせて対処します。


慢性静脈還流生涯の症状
慢性静脈還流生涯でみられる症状は、初期の段階では足のむくみやだるさ・つかれ・足が重い・つっぱり感・痛み・足が熱を持った感じがするなどの症状を感じます。一時的なものと勘違いして放置しておくと状態は悪化し、皮下の静脈が太くなり静脈が浮き出る静脈瘤を引き起こします。さらに悪化すると、皮膚に色素沈着が生じ皮膚潰瘍になる場合もあります。

慢性静脈還流生涯の原因
慢性静脈還流生涯という病は、心臓に向かって流れている血流が滞る事が原因で起こる病です。なので、長時間立ったままの姿勢でいたり、座ったままでいたりと、同じ姿勢を続けているとこの病の危険性が高まります。具体的にゆうと、下半身の静脈の流れがとど多る事によって圧力が上昇し、血液の水分が細胞外に貯留してしまいます。これにより、慢性静脈還流生涯が起こります。

慢性静脈還流生涯の検査と診断
慢性静脈還流生涯の検査方法は、問診と身体診察によるものが通常です。[痛み、痙攣、痒み、感覚以上、圧迫感]の5つの症状及び、[浮腫、色素沈着、硬結、発赤、静脈拡張、ふくらはぎの圧迫から来る痛み]の6つの徴候を、0から3の尺度によりランク付けする臨床システムを用いて検査します。半年以上の間を空けた2度の通院時の合計スコアが15以上の場合、重症と診断します。

慢性静脈還流生涯の治療方法
慢性静脈還流生涯には様々な治療法があります。長時間の立ったままや座ったままの姿勢でいることや肥満、運動不足で障害が起こる場合には日常生活や食生活の改善や運動をする習慣をつけることで発症の可能性を低くすることができます。また、弾圧ストッキングなどで一定の圧力を加えることで症状を緩和することができます。患部の痛みや炎症を抑えるために湿布や塗り薬を利用するのも治療法のひとつです。

慢性静脈還流生涯の初診に適した診療科目

慢性静脈還流生涯の専門外来

慢性静脈還流生涯に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ