勃起障害ボッキショウガイ

勃起障害はどんな病気?
勃起障害とは、勃起不全と同じく、勃起機能の低下を意味するEDのことです。性欲はあるが勃起しない場合と、性欲がなく勃起しない場合があり、加齢によりなる確率は上がりますが、若年者であっても、病気や精神的なことによりなることがあります。ストレスによる心理的要因だと思われがちですが、糖尿病などの様々な疾患によって生じている場合もるので、医療機関への受診 をすることで病気の早期発見、早期治療になります。

勃起障害の症状
勃起障害は、男性の性機能障害のひとつです。主な症状は、体は健康で性欲があっても勃起しなかったり、勃起しても持続時間が短かったり、挿入できないなど満足のいく性行為が行えないなどあります。症状が多くあるので、人それぞれ、悩みが違います。一般的に、年齢とともに、勃起障害を感じる人が多くいますが、若い人でも症状に悩む人が多くいます。

勃起障害の原因
性的欲求の低下に伴う男性器の勃起障害は、男性の加齢や老化によって、精力の減退の一つとして避けられない症状とも言えます。原因として考えられるのは不規則な生活や喫煙など、比較的身近な所での不摂生などが蓄積して起こりうる症状である事も医学的に証明されています。生理現象であるとも言える勃起障害ですが、食事やサプリメントの摂取などによりある程度の改善も見られます。

勃起障害の検査と診断
勃起障害の検査方法は、国際基準となっている国債勃起機能スコア5を使った問診から始まります。全部で5項目が存在し、この合計得点によって、勃起障害かどうかを判別します。この問診は、最近6ヶ月の状況に関するもので構成されています。この問診後に、血圧や心電図測定、血液検査を行い、試験的にバイアグラの投与も行います。この投与でも結果が思わしくない場合は、血管異常を調べます。

勃起障害の治療方法
勃起障害の治療法についてですが、この病気の主な治療はバイアグラ錠やレビトラ錠をつかったものや、男性ホルモンの利用により、性的意欲を増させる方法です。このような治療により、約8割の患者が治ります。また、器具を使った治療法として、陰圧式勃起補助具というものもあります。これは人為的に勃起状態を保つような仕組みとなっています。

勃起障害の初診に適した診療科目

勃起障害の専門外来

勃起障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ