母児血液型不適合妊娠ハハジケツエキガタフテキゴウニンシン

母児血液型不適合妊娠はどんな病気?
母児血液型不適合妊娠とは母親と胎児の血液型が異なることで、胎児血が妊娠、分娩、輸血などで母体側に紛れ込むことが原因で起こります。母親の血液に胎児の血液が混じり、母親の赤血球に異物である胎児の血液を排除する免疫抗体が作られてしまい、胎盤を通じて胎児の血液中の赤血球を破壊、結果として胎児の障害の原因となります。初回妊娠は影響なく、2回目の妊娠前に母体に抗体が生じた場合は免疫グロブリンを投与します。


母児血液型不適合妊娠の症状
母児血液型不適合妊娠とは、母と胎児の血液型が異なりさらに母に胎児の赤血球に対する抗体ができている状態の事で、血液型不適合妊娠とも呼ばれています。母児血液型不適合妊娠の症状としては、新生児に重度の黄疸が認められることが有りますが光線療法等の普及により黄疸の発生は少なくなってきています。母の血液型がRH-で父の血液型がRH+で胎児の血液型がRH+の場合新生児溶血性黄疸が起こる可能性があります。

母児血液型不適合妊娠の原因
母児血液型不適合妊娠になる原因は、母体が切迫流産や切迫早産を起こしたことです。その時に傷ついた絨毛から胎児の血液が流出し、それが母体の血管に入り込むことで、通常は混ざり得ない胎児と母親の血液が混ざってしまうことから、母体に胎児の血液への抗体が出来てしまい、それが胎内で胎児へと流れることで母児血液型不適合妊娠が起こります。

母児血液型不適合妊娠の検査と診断
母児血液型不適合妊娠の基本的な検査方法としては、妊娠中に母体にちゃんと抗体ができているかどうかを判断する為に、採血を用いて調べます。これは妊娠中に母体の血液中の抗体を確認することで、母児の間の血液型の適合性の確認や、異常の有無が診断できる優れたものです。また、出産後一定時間以内に抗体がつくられることを確認する事も可能になっています。

母児血液型不適合妊娠の治療方法
母児血液型不適合妊娠の場合、胎児が極度の貧血になってしまう場合があるので、予定日より早く出産させて交換輸血を行う治療法が行われます。これは出産後に行う治療なのですが、出産前に子宮内の胎児に輸血を行う場合もあります。これを、子宮内胎児輸血といいます。この方法の際には、母体の抗体に合わせて溶血されないRh-の濃厚赤血球を輸血する方法と、直接胎児に輸血する方法があります。

母児血液型不適合妊娠の初診に適した診療科目

母児血液型不適合妊娠の専門外来

母児血液型不適合妊娠に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ