膀胱膣?ボウコウチツロウ

膀胱膣?はどんな病気?
膀胱膣瘻とは、膀胱と膣との間に穴があき、尿が膣に流れてしまい漏れてしまう症状があります。原因としては、産婦人科手術後のものが半数近くで、他に子宮頸がんなどの悪性腫瘍に対する放射線治療による場合もあります。この病気は失禁症状が現れたり、膣から尿が排出された時に発覚する事が多いです。女性に発症した場合、子宮摘出などの処置が必要になる場合もあります。


膀胱膣?の症状
膀胱膣?は、膀胱と膣との間に瘻孔が出来るため、膣に尿が流れ出してしまい尿漏れのような症状があらわれます。瘻孔が大きくなると、膣への尿の流れ出す量が増加するため、自然排尿がなくなる症状もあらわれることがあります。産婦人科や泌尿器科への受診をすることで症状の改善になります。女性に多い疾患で悪化すると子宮摘出などの処置が必要となります。

膀胱膣?の原因
膀胱膣?の原因は、膀胱と膣の間に穴が開いて道ができてしまった状態をいいます。子宮がんや膀胱がんなどで骨盤内に腫瘍が広がったり、骨盤内の手術時の損傷、放射線照射の副作用によって発症します。膀胱と膣の間に道ができてしまったことによって、膣内に尿が流れ込み、膣から尿が漏れるため、常に尿漏れをしているような状態になり、細菌が繁殖しやすい状態になります。

膀胱膣?の検査と診断
膀胱膣?の検査方法は、内診と膀胱鏡検査が一般的です。膀胱鏡検査でも痩孔の存在が確認出来なかった場合は、造影剤を静脈に注射し、それが腎臓から尿路に排出される様子を撮影して診察します。膀胱造影、逆行性腎盂造影、膀胱鏡検査も適宜行い、尿の漏れ具合を確認し診断します。痩孔の位置確認は、尿管膣痩でないことが確認されたのちに、膀胱内へのインジゴカルミン注入後、膣鏡によって行われます。

膀胱膣?の治療方法
膀胱膣?とは、膀胱と膣の間に穴が開いて交通してしまう状態を言い、その穴を通して膀胱から膣へ尿が漏れ出る症状です。子宮摘出の手術後や骨盤内臓器の悪性腫瘍により穴があきます。治療法は尿管のカテーテルを膀胱内に留置したり、手術によって穴を切除し閉鎖します。産婦人科や泌尿器科で内診や膀胱鏡検査をすればわかります。わかりにくい時は排泄性尿路造影、膀胱造影で尿の流出を確認します。

膀胱膣?の初診に適した診療科目

膀胱膣?の専門外来

関連部位から他の病名を探す

膀胱膣?に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ