噴門部潰瘍フンモンブカイヨウ

噴門部潰瘍はどんな病気?
局所の組織欠損の深さが粘膜筋板を超えたものが潰瘍と呼ばれます。その中で噴門部潰瘍とは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の中で、潰瘍出来た部位よって分けらてたものの一つです。胃潰瘍の一番上位部分に出来たものが、幽門部潰瘍で、その下部分の胃本体部分に出来た潰瘍が一般的な胃潰瘍です。更に下の部位で、十二指腸に向かう付近の出来たものが噴門部潰瘍と呼ばれます。


噴門部潰瘍の症状
噴門部潰瘍の主な症状は、みぞおちあたりの腹痛、吐き気、食欲不振、体重減少、酸っぱいゲップ、背中の痛みなどがあげられます。特に食後1時間以内のうちに胃の痛みを訴え、空腹時は比較的軽快するのが、噴門部潰瘍の特徴です。中には心臓が痛いという心窩部痛を訴える場合もあります。逆流性食道炎や胃がんなど、似た症状が現れる疾患は他にもあります。

噴門部潰瘍の原因
噴門部潰瘍は、胃液が胃壁を守る粘膜を溶かしてしまうほどにphバランスを崩したことで、胃の噴門部に炎症を起こしたことが原因で起こります。最初は軽い炎症でも、それが次第に潰瘍へと姿を変えていくのは、継続的に胃酸からの攻撃を受けるからです。また、ヘリコバクターピロリ菌が胃に感染したことが、噴門部潰瘍の原因となることもあります。

噴門部潰瘍の検査と診断
噴門部潰瘍の検査方法には、主に2つの方法がとられます。一つ目はX線検査です。これによって、胃の中を見ることが出来、異常な吐出を発見する事が出来ます。目視とはちがい、実際に胃の中の異常を発見できるというのが利点です。内視鏡を使用する検査もあるのですが、これは実際の状態を目で見る事が出来るので、どの部位に潰瘍があるのか、どのくらいの大きさなのかがはっきりと分かるのが利点です。

噴門部潰瘍の治療方法
噴門部潰瘍の治療法は多様化しています。この疾患の治療法は基本的に、食事療法、薬物療法、内科的な治療法があります。特に、この内科的な治療では、安静療法が重要な要素となり、この疾患が精神的なストレスが原因となり誘発されることから、安静状態を保つ事が重要になります。又、薬物療法では胃酸を抑える薬、粘膜を強化する薬、ストレスを軽減させる精神安定剤、抗生物質などが用いられ治療が行われます。

噴門部潰瘍の初診に適した診療科目

噴門部潰瘍の専門外来

噴門部潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ