フォローボリューム曲線フォローボリュームキョクセン

フォローボリューム曲線はどんな病気?
換気機能の検査の中に、フォローボリューム曲線という検査方法があります。これは、スパイロメーターをコンピュータに接続して、肺活量や行きの早さや量などをグラフ化して、それを元に検査を行う方法の1つです。正常な場合には、曲線が一気に上がった後、綺麗に下降をたどります。しかし、肺になにかしらの問題がある場合には、上昇が低かったり、下降する曲線が不安定だったりします。


フォローボリューム曲線の症状
フォローボリューム曲線は喘息や咳が続く症状です。フォローボリューム曲線は喘息の基本で特徴があることから判断します。不規則な咳や突発的な咳もあるので一概にいえない状態であり、経験による判断です。フォローボリューム曲線は咳が不規則に続く、激しい喘息が疑われる症状や大気の状態や季節の変化による呼吸困難も対象にしている状態です。

フォローボリューム曲線の原因
フォローボリューム曲線の原因は換気機能の検査です。スパイローメーターにPCをつなげることで肺活量や1秒率を息のスピードや量をグラフ化することができます。しかし肺機能が正常な場合はグラフの曲線が短期間で上昇した後に時と比例して減少していきます。肺に何らかの原因があった場合は一目でわかります。そして、換気機能障害の機種が推定できます。

フォローボリューム曲線の検査と診断
フォローボリューム曲線の検査方法は、まずマウスピースを口でくわえて鼻や唇から息が漏れないように、口だけで、くわえた菅の中の空気のみで呼吸します。普段の楽な呼吸を5分程度続けて、その後にろうそくの火を消すように胸の空気を吐き出します。そしてまた胸いっぱいに空気を吸い込み、再度空気を吐き出します。吐き終わったら、もう一度吸って終わりです。

フォローボリューム曲線の治療方法
肺機能検査の際、通常の呼吸ではなく、努力性肺活量と言う一気に息を吐きだした時の肺活量の測定結果を図に曲線として表したものがフォローボリューム曲線と呼ばれるものです。ぜんそくなどのせいで気道が狭くなっている方はこのフォローボリューム曲線が基準よりも下回っている図になります。肺機能検査を定期的に行えば呼吸器官の症状を発見し早期に治療法を見出すことができるのです。

フォローボリューム曲線の初診に適した診療科目

フォローボリューム曲線に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ