ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍ブシュケ・レーヴェンシュタインシュヨウ

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍はどんな病気?
陰茎の良性腫瘍には陰茎コンジローマが認められます。このコンジローマが大きくなったり、主要との鑑別が難しくなったものをブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍と呼びます。大部分は精細胞由来のものであり、精巣に発生する腫瘍は悪性のものである可能性が非常に高くなります。治療法は良性の場合は経過を見ながら、投薬による治療を行います。

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の症状
ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍とは巨大尖圭コンジローマとも呼ばれており、組織学的に良性のものもありますが、悪性のものは陰茎ガンと診断されることもあります。尖圭コンジローマは外陰部や肛門付近の皮膚や粘膜の傷からヒトパピローマウイルスが侵入し、乳頭状の腫瘍が発生する病気です。症状は上記のような腫瘍があるという以外、痒みや痛みがないことから初期の段階では気付きにくいことがほとんどです。

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の原因
ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍は、感染例が少ない、非常に稀な感染症であり、感染の主な原因が、BLT尖圭コンジロームの異常によって発生することから、この病気は、思春期の後のあらゆる年齢で感染者が多く出ています。このように、非常に厄介な病気であることから、諸外国でも様々な研究が行なわれ、治療法について、アプローチが日々行なわれています。

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の検査と診断
ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍は、他の性病と同じような検査方法が行われます。血液検査や尿検査、おりものの検査によって、様々な性病の発見が出来、このブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍も見つける事が出来ます。他の性病と違って、進行が進むと肥大化する事が多いので、目視でも分かる場合が多く、こういった検査方法を行わなくても、診断する事が可能な場合もあります。

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の治療方法
ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の治療法は、大きさにもより、早期発見であれば薬物療法でも対処できるケースがあります。すでにそれなりの大きさの場合は、手術での切除で治療を行う傾向にあります。患者に対しては、治療前にその過程を説明し、その上で了承を得てから切除に移ります。体力面を考慮するため、カウンセリングを受けたあとで治療に踏み切ります。

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍の初診に適した診療科目

ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ