血小板機能異常症ケッショウバンキノウイジョウショウ

血小板機能異常症はどんな病気?
血小板の数値は正常であるにもかかわらず、出血傾向や紫斑がみられます。血小板が血栓を形成するはたらきに異常が起こり、出血をしてしまうと止まりにくくなります。血漿内のたんぱく質の異常もありますが、特に血小板の異常によっていろいろな病気を引き起こします。これらを総称して、血小板機能異常症といいます。きわめてまれな病気で、遺伝性の高い遺伝病の一つです。


血小板機能異常症の症状
血小板機能異常症の症状は、血小板の減少や機能異常に伴う出血の病状です。血小板が本来の機能を果たさなくなることによって、出血傾向が強くなります。紫斑や点状出血といったような、血小板の異常に関わる病状が体の各部位に表れるようになります。傷を負い出血した場合には、出血時間が長くなったり、あるいは血が止まらなくなるなどの病状が表れます。

血小板機能異常症の原因
血小板が少ない状態である病気の一つである血小板機能異常症の原因として、特発性減少性による紫斑病として血小板の減少の要因があります。肝臓や脾臓などで血液中に含まれる血小板が、血小板を破壊する物質によって血小板が少なくなっています。その要因となる病気は、風疹やじんましん等のウイルス感染によって引き起こらせる場合が多い事です。

血小板機能異常症の検査と診断
血小板機能異常症の検査方法としては、まずはしっかりとした病院で検査する必要があります。さらには、非常に高い専門知識が必要となっています。検査の方法としましては、血液検査が必要となっています。通常の知識だけでは判断することが難しくなっていますので、血液の専門家の医師が血液検査をする必要がありますので、その点は注意しておく必要があります。

血小板機能異常症の治療方法
血小板機能異常症の治療法は、まずは外傷を避けるなど、日常生活における注意を患者に促すことが必要です。そして、血小板機能を抑制するような非ステロイド系抗炎症薬などの使用に注意します。皮膚粘膜の小出血に対しては、局所圧迫や処置が基本で、抗線溶療法などなどを用いる事もあります。重篤な出血や止血困難な時に外科的措置の場合は、血小板輸血を行います。

血小板機能異常症の初診に適した診療科目

血小板機能異常症の専門外来

血小板機能異常症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ