眼性斜頸ガンセイシャケイ

眼性斜頸はどんな病気?
眼性斜頸とは、目の異常に起因して、頭をいずれか一方に常に傾けてしまう状態をさします。眼球を動かすための筋肉が麻痺していたり、働きのバランスが悪いことにより起こる上下斜視、もしくは内、外斜視が原因となります。斜視があると一定方向の両眼視でうまく焦点が合わないため、見えにくさを軽減しようと頭を傾けることにより斜頸が現れます。


眼性斜頸の症状
眼性斜頸の症状の特徴はいくつかあります。筋性斜頸が外科的な検査で否定されること、上下の斜視があること、どちらかの目をふさぐと斜頸が見られない、または軽くなること、PARKSの三段階検査で陽性が見られることなどです。眼球の上下の筋肉に異常があるため、何かをじっと見るときに斜頸が大きく目立つのが特徴です。比較的年長者によく見られます。

眼性斜頸の原因
眼性斜頸の原因は、斜視になることによって、眼球の上と下にある眼の運動を行う筋肉の異常によって起こります。特に何かを凝視しようとする時に斜頸が目立ち、眼を閉じると首の状態は元通りになります。この病気が明らかになるのは、新生児の時期ではなく、ある程度成長をして、物を凝視して注意深く観察をするような年齢になってから発症します。

眼性斜頸の検査と診断
眼性斜頸とはものを見つめる時におこる病気で検査方法は斜視検査です。斜視検査は視力検査や眼位検査、眼球運動検査、両眼視検査を行います。屈折異常があるかどうか、目が正しい位置にあるかどうか、目の動きは正常かどうかを調べます。症状は眼の状態や首の傾きが大きくなるかどうかを診ます。原因は眼の運動をする筋肉の異常です。マッサージや薬物療法で治療します。

眼性斜頸の治療方法
眼性斜頸の治療法として、目を動かす筋肉の麻痺などがあるため両目視機能訓練や視力増強訓練などの弱視の治療や特殊なレーザーを使用して角膜の屈折力を調整し視力を回復する屈折矯正などがあります。視力を良くすることで目がまっすぐになることもあるので、眼鏡やコンタクトの使用で改善することもあります。手術が必要な場合の多くは5歳~6歳頃に行われ、十分な検査を行った後に手術をして改善します。

眼性斜頸の初診に適した診療科目

眼性斜頸の専門外来

眼性斜頸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ