ウエストナイル脳炎ウエストナイルノウエン

ウエストナイル脳炎はどんな病気?
ウエストナイル脳炎は、ウエストナイルウイルスの感染によって引き起こされる病気です。ウエストナイルウイルスは、蚊を媒介することによって人間に感染します。インフルエンザのような症状で、本来は軽度であるものの、症状が悪化した場合にはこの脳炎を引き起こします。この脳炎に発展すると、病状は数週間続き後遺症を残すということもあります。


ウエストナイル脳炎の症状
ウエストナイル脳炎とはウエストナイルウイルスによって引き起こされる脳炎のことです。ウエストナイル熱に感染しても脳炎にまで至ることは1パーセント程度ですが発症しますと、脳幹や脊髄などが冒され高熱、意識障害、呼吸不全などの症状が現れます。治療法として確立されているものはウエストナイル熱同様に現時点では存在していないのです。

ウエストナイル脳炎の原因
ウエストナイル脳炎は、ウエストナイルウイルスの感染によって起こります。ウエストナイルウイルスは、まずカラスやイエスズメ、クロワカモメ、アオカケス、メキシコマシコなどの鳥に感染して、その体内で増幅します。そして、その感染した鳥の血を吸った、イエ蚊やヤブ蚊などの吸血虫に刺されてしまうことが原因となって、発症してしまいます。

ウエストナイル脳炎の検査と診断
ウエストナイル脳炎とは、ウエストナイルウイルスによって引き起こされる感染症です。主な症状は、数日間の潜伏期間を経てからの高熱です。感染経路はウエストナイルウイルスに感染している蚊にさされることです。検査方法は、医師が患者の行動地域や症状等を聞き出したり血液検査等を行うことによって検査します。重症の場合、死亡することもあります。

ウエストナイル脳炎の治療方法
ウエストナイル脳炎については、有効なワクチンなどは開発されておらず、この病気を完治させるための治療法はまだ確立されていないため、一般的には症状を軽減させる対症療法によって治療を行います。この病気に感染すると完治させるための治療方法はありませんので、蚊に刺されないように予防を徹底する以外に、この病気から自分を守る手段はありません。

ウエストナイル脳炎の初診に適した診療科目

ウエストナイル脳炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ