リトルリーグショルダー

リトルリーグショルダーはどんな病気?
リトルリーグショルダーとは、一言で言えば野球肩ということになります。野球肩の中でも小学生など小さな子供がかかる野球肩です。子供が所属してプレーする野球の組織をリトルリーグと呼ぶため、このような名前が付いています。障害が発生する場所や、その症状などは通常の大人の野球肩と同じであると考えられています。肩関節に痛みや炎症などが発生します。


リトルリーグショルダーの症状
リトルリーグショルダーとは、少年期の野球プレイヤー(主にピッチャー)に起こりがちな、肩にみられる障害の総称です。症状としては肩が痛んだり関節の動きに違和感が出できます。代表的なものでは「上腕骨近位骨端線離開」があります。これは成長に伴っての伸び代となるよう柔らかくなっている軟骨組織がずれてしまう、というものです。後々に腕が短くなる・肩の動きが悪くなる、といった成長障害にもつながり注意が必要です。

リトルリーグショルダーの原因
リトルリーグショルダーの原因は、主に骨格が出来上がっていない幼少期の子供が無理をして運動すると発症っする場合が多くあります。骨格を形成する中で、軟骨部位から骨格として発達するものが、過度な運動により軟骨組織が削れ、破壊されてしまい骨格異常に発展する場合が多いです。この多くは野球をやっている子供に発症する事が多く、年齢的な疾患でもあります。

リトルリーグショルダーの検査と診断
リトルリーグショルダーの検査方法としては、主にレントゲン検査が挙げられています。レントゲンの撮影結果によって症状が認められる場合が多くなっています。そのような検査で判断が難しい場合はMRI検査やエコー検査などを行い症状の有無を判断します。多くの場合はレントゲン検査のみで所見が判明し、症状が見受けられるかどうかが判断できます。

リトルリーグショルダーの治療方法
リトルリーグショルダーの治療法としては、まず投球動作を中止していくことが大切になっていきます。この中止している間に圧痛や運動痛などが減少してきたら、肩周辺のストレッチングなどをおこなっていくようにしていきます。関節の可動域などがひろがってきたら徐々にボールをつかった練習などをしていくようにして肩周辺に筋肉をつけていきます。

リトルリーグショルダーの初診に適した診療科目

リトルリーグショルダーの専門外来

関連部位から他の病名を探す

リトルリーグショルダーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ