慢性乳腺炎マンセイニュウセンエン

慢性乳腺炎はどんな病気?
慢性乳腺炎では、乳腺に膿瘍ができて膿を持ちその膿の排出が繰り返されます。乳腺炎には急性で化膿性のものもありますが、それに比べると慢性型は症状は穏やかです。この病気では、元々化膿性の乳腺炎が起きて症状が治まった後に細菌の生き残ったものが集団を作って膿を出しています。また乳頭と皮膚の間にトンネル状の孔が形成されているケースがよく見られます。


慢性乳腺炎の症状
慢性乳腺炎の症状については、乳輪下の腫瘤と乳輪、または乳輪周辺の皮膚から排膿し始めます。そして乳房が赤く腫れ肥大化し、これが熱をもったり、事故りますを触れることもありますが、基本的には急性乳腺炎よりも軽症のが普通です。この特徴のある臨床と、感染巣に通じている瘻孔が確認されます。陥没乳頭の女性では、授乳の経験が無くとも本疾患に掛かることがあります。

慢性乳腺炎の原因
慢性乳腺炎には、何らかの原因によって化膿性乳腺炎にかかった際に、一度は治療を終えたのにも関わらず、また再発したときに起こるものです。保存的治療で症状を改善させた後に、乳腺に生き残っていた細菌がまた集まりを形成し、だんだんその部分が炎症してきます。この病気は、炎症を何度も何度も繰り返し、排膿と交互に繰り返すことによります。

慢性乳腺炎の検査と診断
慢性乳腺炎の検査方法としては、陥没乳首や、病院の診断の経過などの典型的な症状がある場合は、乳頭のX線撮影や、超音波での検査、細胞診断などを行う場合が多い。感染源とされる乳腺と皮膚の間に、炎症などによっておきた管状の穴を確認することがとても大切です。抗生剤などで一時的に症状を軽減するために、膿の培養試験などもあげられます。

慢性乳腺炎の治療方法
慢性乳腺炎になってしまったら、助産院などに通院し乳房マッサージをしてもらうほか、自分自身でできることは、授乳間隔をあけすぎないように気をつける、睡眠をしっかりと取りストレスのない生活を心がける、食べ過ぎや飲み過ぎを控えるなどで食事内容を見直すなどが治療法として挙げられます。また、冷たいものを避け、身体の冷えを解消するのも効果的です。

慢性乳腺炎の初診に適した診療科目

慢性乳腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ