多発ニューロパチータハツニューロパチー

多発ニューロパチーはどんな病気?
感覚障害、感覚低下、しびれ、痛みや触れただけでも痛みとして感じるなどの異常知覚が生じる病気です。


多発ニューロパチーの症状
運動障害、通常下肢遠位部の麻痺が上肢(手)の麻痺に先行し、また症状もより強く現れます。自律神経障害、瞳孔(どうこう)異常、涙や唾液の分泌障害、インポテンツ(男性の性機能障害)、排尿障害、消化管の機能障害や心拍異常などが現れます。

多発ニューロパチーの初診に適した診療科目

多発ニューロパチーの専門外来

多発ニューロパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ