多重がんタジュウガン

多重がんはどんな病気?
多発がんとは、同じ臓器に原発性のがんが複数出来ることを言い、重複がんとは、原発性のあるがんが他の臓器にも見られる場合を言います。この2つをまとめて多重がんと言います。一人の患者に独立したいくつかのがんが発生することを言い、それぞれの腫瘍ががんだと診断されていること、離れて存在していること、1方のがんが他方のがんの転移ではないことが条件です。


多重がんの症状
多重がんとは、二つ以上の臓器に同時に発見されることを言います。乳ガン、咽頭がん、胃ガンなどが、なりやすいです。なので、症状は、なる場所により様々ですが、例としては、出血がしやすくなります。これは、血管が脆くなることから、出血がしやすくなります。また、何らかの塊ができると言うことが起こります。なので、触るとわかる場合があります。

多重がんの原因
多重がんの原因としては、免疫力の衰えがあります。がんになる人は、普通の健康な人よりも免疫力が衰えているため、他のがんにかかるリスクも高めです。そのため一つのがんが治った後でも、移転とは違い新たな箇所にがんが発症してしまう恐れがあります。また、抗がん剤治療や放射線照射など、がん治療を行うことで新たにこの病気になってしまうこともあります。

多重がんの検査と診断
多重がんは、どんな検査方法でわかるか、というと、結果的には、定期健診を、毎年欠かさずやっている方がそれによって発見されたり、また、一つのがん治療を行っていて、経過の状態を観察していくうちに、また別の臓器に発見されたりという例が多いです。一つのがん治療でも大変な負担ですが、重なったがんの場合、より心のケアもが重要となってくるがんです。

多重がんの治療方法
多重がんを治すには、抗がん剤と放射線治療を併用した治療を定期的に受ける必要があります。抗がん剤を服用することで、がんの転移を未然に防ぐ事が出来ます。がん化している患部に放射線を当てることで、がん細胞を死滅させて腫瘍を小さくすることが出来ます。吐血や下痢の症状がある場合は、抗ヒスタミン剤を服用する治療法で症状をすぐに緩和させる事が可能です。

多重がんの初診に適した診療科目

多重がんの専門外来

多重がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ