全部床義歯ゼンブショウギシ

全部床義歯はどんな病気?
全部床義歯とは、一般的に「総入れ歯」と言われており、別名は「総義歯」と言います。人工歯の部分である人工歯部と、上下の顎(歯茎)部分である床部によって形成されています。加齢や事故などによって、永久歯が全て失われた人が、食事を咀嚼するため・顔面の筋肉を老化させないため、補うものです。上顎・下顎とも歯茎にかぶせるようにして装着、使用します。


全部床義歯の症状
全部床義歯の症状というのはどういったものになるのかというと、全ての歯が入れ歯になることによって若干ではありますが自分の歯とくらべると咀嚼がやりづらくなるということがあります。そして、装着初期のころには違和感から口のなかが気になるということもあります。装着による痛みが激しい場合には異常がある可能性もあり、注意が必要です。

全部床義歯の原因
全部床義歯になる原因とは、もう健康自身の歯は存在していないと言う事になります。虫歯の悪化により歯がなくなってしまったり、何らかの事故により歯を失ってしまう為に入れ歯を使用して生活をする事になります。生きて行くには食べ物を噛む必要がありますから、入れ歯が必要になります。今では歯を埋め込む手術もありますが料金的にお高くつきますので入れ歯の使用を選択される方も多いのです。

全部床義歯の検査と診断
全部床義歯の検査方法とは、まず歯茎や歯の状態を見ます。虫歯が極端に悪化して、全てが溶けだしている場合には、歯を全て抜かなくてはならない状況になります。そして歯茎の炎症が悪化して膿んでいる場合にも歯を抜いてしまう必要があります。そこで患部に入れ歯を使用するか、インプラントを行うかの選択を選んでもらい、入れ歯を選択した場合は、入れ歯を作る準備を始めます。

全部床義歯の治療方法
全部床義歯の治療法は顎の骨が弱っていてインプラントができなかったり、ベースになる歯が全く残っていない患者に行われる治療です。患者の腔内の型をとって患者の腔内にフィットする総入れ歯を作成します。高齢者は歯がなくなり噛むことが少なくなると認知症などを発症する確率が高くなるので、歯がなくなったら総入れ歯を入れて噛む習慣をつけます。

全部床義歯の初診に適した診療科目

全部床義歯の専門外来

全部床義歯に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ