スピッツ母斑スピッツボハン

スピッツ母斑はどんな病気?
スピッツ母斑は、またの名を若年性黒色腫といいます。黒色腫とはいいますが、基本的には悪性黒色腫とは違っており、これは良性の腫瘍となります。主に幼児や小児にできるものですが、稀に大人にも出来ることはあります。顔に出来る傾向がありますが、他の場所や色素性母斑の病変内に出来る事もあります。治療は外科手術での切除が基本となります。


スピッツ母斑の症状
スピッツ母斑の主な症状は、単発性の小結節が突如青少年の顔面中心にあらわれることです。これは良性であり、ある範囲をこえて湿潤や拡大を招くことはありませんが、黒褐色の色素沈着をみとめることもあります。赤褐色または紅淡色をしており、半球状で、二センチぐらいの大きさになります。また、その周りの皮膚が紅色っぽくなることもあります。

スピッツ母斑の原因
スピッツ母斑という皮膚疾患を引き起こす原因としては、ホクロの一種である色素性母斑というものにあります。この色素性母斑に混在する細胞には、多核巨大細胞・類上皮細胞様細胞・紡錘状細胞等複数あります。また、この色素性母斑は、複合母斑でもあります。この皮膚疾患を引き起こす要因として大きく作用しているのが上述の色素性母斑なのです。

スピッツ母斑の検査と診断
スピッツ母斑の検査方法としましては、医師の診断によるものですが、見た目だけの診断では、ハッキリと断定をすることは、難しものです。そこで、最終的には、切除した組織の病理検査を行って判断することになります。色素沈着した真皮と表皮の接合部分に多核巨大細胞・類上皮細胞様細胞・紡錘状細胞などが混在する細胞が認められます。悪性腫瘍との鑑別をしながら検査します。

スピッツ母斑の治療方法
スピッツ母斑の治療法とは、まず皮膚に部分麻酔をかけて皮膚に直接メスをいれて母斑を切り取ります。そして傷口を塞ぐように縫い合わせます。この母斑は範囲も小さいので、短時間で手術は終了しますし、傷口も早く塞がります。この母斑は悪性のメラノーマとの区別がつきにくいと言う特徴をもっており詳しく調べる必要があります。切除した患部は検査に回されます。

スピッツ母斑の初診に適した診療科目

スピッツ母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ