ストレス関連障害ストレスカンレンショウガイ

ストレス関連障害はどんな病気?
大きな事故に遭ったストレスが原因で、ストレス関連障害になってしまいます。情緒が不安定になったり、様子がおかしくなるので日常生活に支障をきたします。事故で頭に傷を負っている場合、物忘れが酷くなる場合があります。仕事のストレスが原因で発症することもあります。頭痛や吐き気などの症状が出ます。精神科に通うことで、効果的な治療を受けることが出来ます。


ストレス関連障害の症状
ストレス関連障害の症状は、社会的や環境的にストレスが原因で引き起こされることが多いため、精神病の疾病も関連しています。その中で、将来の不安、睡眠障害、倦怠感などがよく現れます。さらに悪化し、発展してしまうと重度のうつ病は精神障害を引き起こしてしまう場合があります。それに伴い、頭痛、めまい、吐き気なども顕著に現れるようになります。

ストレス関連障害の原因
ストレス関連障害、かストレスによる原因により、起こります。普段からストレスをあびることにより、発祥したり、急激にストレスをあびることにより、発祥したりと様々です。ですが、要因としては、ストレスを要因としているので、ストレスを受けない環境を作ることにより、症状も改善されていきます。また、精神的ストレス以外にも肉体的にもストレスを浴びることによりなります。

ストレス関連障害の検査と診断
ストレス関連障害は、患者が訴えている不調から疑われる疾患について検査を行っても異常がない場合、問診やカウンセリングによって、精神面の自覚症状の有無や強い不安感など、心理的・性格的な原因の有無を調べることで診断できます。他にも心療内科や精神科での各種検査方法を用いて、その程度を診断し、適切な治療を行うことが可能になります。

ストレス関連障害の治療方法
ストレス関連障害とは強いストレスによって起きる障害のことで、精神面や行動面での悪い影響が出ます。鬱病になったり、怒りやすくなったりと生活に一部障害がでることがあります。治療法としては精神的な方法と薬を使った方法があります。精神的な方法とはストレスの原因を探り取り除くことです。精神的な方法でダメなら薬を使った方法になります。

ストレス関連障害の初診に適した診療科目

ストレス関連障害の専門外来

ストレス関連障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ