神経病性関節症シンケイビョウセイカンセツショウ

神経病性関節症はどんな病気?
人間には自己防衛機能があり、それは中枢と末梢神経によりコントロールされています。この神経に何らかの障害がおきると、関節の防御機構が無くなり、関節が破壊されてしまいます。これを神経病性関節症といいます。 当然、関節の組織は破壊と増殖をくり返すので、酷く変形してしまいます。膝も、多量の水が何回も貯まることがあります。早期治療が大切で、関節を保護する初期治療が重要です。

神経病性関節症の症状
神経病性関節症は関節に神経がかよっていないため、関節が壊れていてもさほど痛みを感じません。関節の組織は破壊と増殖を繰り返すため、関節はグラグラと変形してきます。膝には大量の水がたまることもよくあります。これらの症状は膝の関節に最もよくみられ、次いで股関節や脊椎にもみられます。脊髄空洞症の場合は腕の関節にこのような状態が現れます。

神経病性関節症の原因
神経病性関節症の原因として、神経障害を引き起こす病気に罹ることで起こります。その病気の代表的な三例には、糖尿病、梅毒によって脊髄に障害を脊髄癆(せきずいろう)、脊髄に空洞が出来て神経障害をもたらす脊髄空洞症があります。これら神経障害系の病気を患うと、関節に無理な圧力がかかっても痛みを感じにくくなります。そのため、関節が動く駆動域を超えて動かすなどして過度の負担をかけ、関節を破壊してしまうのです。

神経病性関節症の検査と診断
ほとんどの場合、 検査方法は 病院でX線撮影をし、画像をみて医師が診断したうえで、異常が発見されます。 重い症状であった場合でも、痛みや不具合などの自分でわかるような症状はほぼないことから神経病性関節症と診断されます。骨・関節の治療は、サポーターなど、膝を固定し保護する装具を用いた治療法や重い状態であれば手術を行うこともあります。

神経病性関節症の治療方法
変形が進んでしまった神経病性関節症の治療は大変難しく、早期発見が重要となります。関節が壊れる前に発見されれば、つえや装具などで関節を保護する治療法が有効となります。変形が進行した場合は手術を行う必要があります。進行の具合によっては手術が成功する可能性も左右されます。しかし、近年では手術手技の向上と、術後のリハビリテーションによってよい回復に向かう傾向にあります。

神経病性関節症の初診に適した診療科目

神経病性関節症の専門外来

神経病性関節症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ