十字靱帯損傷ジュウジジンタイソンショウ

十字靱帯損傷はどんな病気?
十字靱帯損傷とは、膝関節を構成する十字靱帯が損傷してしまうことを指します。膝関節を構成している靭帯は4つあり、その中の十字靱帯には、前十字靱帯と後十字靱帯があります。どちらも膝関節を固定するのに重要な役割を担っています。これらが損傷すると、膝がぐらぐらするような現象が起こります。重症度にもよりますが、再建手術が必要な場合もあります。


十字靱帯損傷の症状
十字靱帯損傷が起こった場合は、主に次のような症状が観察されるといわれています。十時靭帯の損傷が発生した部位がどこであるかにかかわらず、ほとんどのケースでは膝に比較的強い痛みと炎症が観察されます。また、損傷後の治療が適切でなかった場合などは、日常生活の中において、いわゆるひさが緩くなるような感覚に見舞われることがあります。

十字靱帯損傷の原因
十字靱帯損傷の原因は、主に2種類に分けられます。サッカーやバスケットボールなどの激しいスポーツ時に、膝に強い衝撃を受け、膝が不自然な方向に曲がってしまい損傷する接触型、走っている状態から急に止まったり、ジャンプの着地時などの衝撃によって損傷する非接触型です。急激な方向転換によって、膝にひねりが加えられることによって起こります。

十字靱帯損傷の検査と診断
十字靱帯損傷とは膝関節の十字靭帯が外力などにより損傷を受けた状態を言います。検査方法として、怪我や事故の状況を確認し、膝の不安定性を触診で確認します。ストレスX線撮影やMRI検査などの画像検査で靱帯の状況を確認して診断を下します。十字靭帯については関節鏡検査が最も信頼できます。徒手テストは前方引き出しテストで前十字靭帯、後方引き出しテストで後十字靭帯をそれぞれ調べます。

十字靱帯損傷の治療方法
十字靱帯損傷の治療法としては、主に手術によるものと保存療法によるものの二つが存在します。靱帯が完全に断裂している場合には手術を行う必要があり、断裂部分の回復を目指します。また、手術を行わない保存療法は、靱帯の損傷の程度が軽い場合にとられる治療の方法であり、サポーターやギプスなどで固定したうえで、患部を一定期間安静に保ちます。

十字靱帯損傷の初診に適した診療科目

十字靱帯損傷の専門外来

関連部位から他の病名を探す

十字靱帯損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ