脊髄小脳変性症セキズイショウノウヘンセイショウ

脊髄小脳変性症はどんな病気?
神経系の難病の1つで特定疾患に指定されています。


脊髄小脳変性症の症状
起立や歩行がフラツク、手がうまく使えない、喋る時に口や舌がもつれるなどの症状です。脊髄小脳変性症では、これらの症状がたいへんゆっくりと進みます。このような、運動が上手に出来ないという症状を総称して運動失調症と言います。脊髄小脳変性症として総称されている病気では、それぞれの種類で、運動失調以外にもさまざまな症状を伴います。

脊髄小脳変性症の初診に適した診療科目

脊髄小脳変性症の専門外来

脊髄小脳変性症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ