偽斜視ギシャシ

偽斜視はどんな病気?
偽斜視は目が外向き、または内向きに見えるのに斜視の症状が現れていない事をいいます。赤ちゃんに多く見られます。その理由は、赤ちゃんは鼻が低くて目と目の間が広く、黒目の内側にある白目が見えにくく、黒目が内側に寄って見えるからです。成長とともに鼻も高くなるので、この様な状態はなくなるので当然治療の必要もなく、心配する必要はありません。


偽斜視の症状
偽斜視の症状は、主に内斜視と似たような状態に見えることが多く、斜視との鑑別が難しい状態です。赤ちゃんによく見られるこの現象はあくまでも見た目が内斜視と似通っているだ両眼の視力は良好で、赤ちゃん特有の鼻が低く発達途上の状態であるがゆえに、側面から見た場合に、鼻側の白目部分の大半が覆い隠されているように見える小児に多い状態です。

偽斜視の原因
視線がそれることにより見た目的には斜視のように見えるのですが、実際には眼球の両方の視線がそろっているような状態を指します。赤ちゃんの場合にそういうふうに見えることが多いと言えるでしょう。ですから原因は赤ちゃんの鼻が低いので、目の内側が見えない状態になっており偽斜視のように見えるのです。鼻が高くなると白目の方が見えますので斜視には見えなくなります。

偽斜視の検査と診断
偽斜視の検査方法は、普通はまず視力検査から入ります。そしてその後に屈折率を調べるために屈折検査を行い、異常がないかを調べます。内斜視や外斜視についての診断をそれらの方法で行い、最終的に診断を行うのです。このタイプの病気の場合には、斜視のようで斜視ではないという微妙な部分が問題になってきますから、検査時には医者がいかに有能で経験があるか、ということが重要となってきます。

偽斜視の治療方法
偽斜視の治療法は、現在では必要ないとされています。斜視である可能性を秘めた状態ではありますが、厳密には病ではなく、障害でもないので治療という概念も生まれません。治療困難というわけではなく、放っておいても良い状態といえます。ただし、個人で斜視かどうか判断できない場合には、眼科医に対応してもらった方が良いケースもあります。

偽斜視の初診に適した診療科目

偽斜視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ