間欠性斜視カンケツセイシャシ

間欠性斜視はどんな病気?
間欠性斜視とは、通常のようにまっすぐ見る状態と斜視が起こる状態が頻繁に起こる病気です。主に、幼少期の子供に多く発症することが多くあります。また、目の焦点が定まらないような感覚で目を動かす場合や、黒目が同じ動きをしない場合等はこれらの危険性があります。ずっと斜視になっているわけではないので見分け方が難しく、目立ちにくいことも特徴です。


間欠性斜視の症状
大人になって自覚する人が増える間欠性斜視の症状は、疲労や加齢などによって、目の周囲の筋肉の調節力が衰えることで、時折目がずれる斜視が現れるものです。子供の頃は目立たなかったものが、目の調節力の低下で、目に力を入れていない状態を保てなくなった時に、起こりやすくなります。普段は正常な状態なのですが、時々斜視が現れるのが特徴です。

間欠性斜視の原因
間欠性斜視の原因は、主に生まれつきの遺伝的に引き起こされる可能性が高いと言われています。未だにはっきりと言及されてはいませんが、日常生活での目の酷使や、環境によって目の障害によって引き起こされることも考えられます。また、家族でこの症状の方がいる際は高確率で発症する可能性があります。さらに、年齢の老化によっても引き起こされる点もあります。

間欠性斜視の検査と診断
斜視の分類の一つである間欠性斜視は、目が真ん中からはずれる角度が小さくたまにしか斜視にならないので、斜視と気づかれないこともありますが、検査方法は、まっすぐ見ているときでも片目を隠してものを見ることにより、目が真ん中から外や内にずれていたり、顔を横に向けて見ていたりする様子を診ます。赤ちゃんの場合、フラッシュをたいて撮影した写真から、角膜の真ん中に反射してしているかどうかで検査することもできます。

間欠性斜視の治療方法
その名の通り、「ときどき(=間欠)」子どもの両目の視点がずれる、この間欠性斜視。治療法として最終的には「手術」を行い、おかしな動きをしている眼の筋肉のバランスをとってあげる、ということになります。斜視になる頻度が多く、将来視点がずれっぱなしになる恐れがある患者ですと、急ぎでの手術対応が必要になります。逆にそこまでではない場合、成長にともない自然に軽快していくケースもあります。

間欠性斜視の初診に適した診療科目

間欠性斜視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

間欠性斜視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ