外陰パジェット病ガイインパジェットビョウ

外陰パジェット病はどんな病気?
外陰パジェット病とは、外因ページェット病とも呼ばれ外陰(恥丘・大陰唇・小陰唇・陰核・外尿道口・膣前庭・会陰など性器の外側の部分に発生するガンです。多くの場合、閉経後に発症します。原因は不明で、外陰部の不快感やかゆみ、変色によってこの病気に気づくことが多いです。病変に気づいた場合、婦人科か皮膚科を受診し、病変部の一部を切り取って検査し、手術による治療を行います。

外陰パジェット病の症状
外陰パジェット病とは、女性の外陰部にできる皮膚がんの一種のことです。この病気の症状としては外陰部に異常なかゆみが発生して腫れあがり、赤みがかってきます。そのため皮膚科を受診してはじめて皮膚がんになっていることが分かることがおおいのです。治療法としてはできるだけがん細胞を取り除くために患部の外科的手術を行なうことが多いのです。

外陰パジェット病の原因
外陰パジェット病は、女性に発症する病気であり、多くは閉経後にみられます。皮膚がんの一種であり、明らかな原因ははっきりされていませんが、汗を産生する器官であるアポクリン腺という器官に由来する細胞が悪性化したものという説が有力とされています。パジェット病は、乳房と乳房以外に出来るものにわけられます。外陰部は女性器の総称をさします。

外陰パジェット病の検査と診断
外陰パジェット病の検査方法は、患部の病変部分を切り取っての組織検査によって行われます。患部にできものが見られる場合には、この病気だけではなく浸潤性のがんが潜んでいることもあるため合わせて精密検査も行われます。この精密検査の結果によっては体の他の部部へのがんの転移が認められる可能性もあり、全身のがんスクリーニング検査がすすめられることもあります。

外陰パジェット病の治療方法
外陰パジェット病の治療法は外科手術が基本となります。外陰部の病変部分を正常部分を含めて皮膚を残さず2cm以上切除する事が必要になります。摘出した病変部位に浸潤性のがんが発見された場合には外陰部全体の切除と共にその周辺部のリンパ節も残らず切除します。これを両側鼠径リンパ節の郭清といいます。なお浸潤性のがんが認められない場合の予後は良好です。

外陰パジェット病の初診に適した診療科目

外陰パジェット病の専門外来

外陰パジェット病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ