子宮内膜症シキュウナイマクショウ

子宮内膜症はどんな病気?
子宮内膜症とは、月経時に剥がれ落ちる子宮内膜などの組織が逆流してしまって卵管などの子宮外の場所で増殖していく病気なのです。月経がくり返し起こる度に、疾病が進行していくのです。卵巣内に内膜症が留まってしまうと卵巣がんにもなる可能性もあります。また、内膜症になってしまうと、月経時などに腹痛がしたり、不妊につながってしまうことがあります。


子宮内膜症の症状
妊娠を望んでいるのになかなか妊娠しなかったり毎月の生理が不規則だったり生理中の痛みがひどい、などの症状が目立ったら子宮内膜症を疑いましょう。実際の診断は産婦人科で診てもらわないと分からないので勇気を出して行ってみましょう。状態にもよりますが薬でよくなるケースもあるので医師に今の状態をしっかりと話して治療に取り組みましょう。

子宮内膜症の原因
子宮内膜症は20~30代女性に多い婦人科の病気ですが、いまだにはっきりとした原因が解明されていません。よく言われているのは冷えからくる病気、また女性ホルモンは生活リズムの乱れに影響されやすいため、睡眠不足・不規則な生活の女性がなりやすいと言われています。医学的には「月経血が卵管を逆流するために起こる」という説があり、最近ではアレルギー反応で発生している可能性が高いという発表もありました。

子宮内膜症の検査と診断
子宮内膜症の診断は、症状の問診や内診・血液検査・超音波検査・MRIなどを組み合わせて行います。確実に内膜症と診断するには「腹腔鏡検査」という、お腹に小さな穴を開けて内視鏡を入れる検査方法で診断します。内膜症の疑いがある人すべてに、腹腔鏡検査をするわけにいかないのですが、超音波で明らかに卵巣の腫れが見つかったり、子宮の腫れがあれば内診症の疑いが強いため、医師から腹腔鏡検査をすすめられるでしょう。

子宮内膜症の治療方法
子宮内膜症の治療法は薬物療法と手術療法があります。薬物療法は低用量ピルを使用することが多く、子宮内膜の増殖が抑えられ、月経痛も緩和されます。手術療法は傷が小さく入院期間の短い、腹腔鏡手術が主流です。開腹せず病巣部分・癒着部分だけを取り除き、子宮と卵巣を残す「温存手術」と子宮・卵巣を摘出する「根治手術」があります。内膜の癒着具合によりますが、妊娠を希望するなら薬物療法か温存手術でしょう。

子宮内膜症の初診に適した診療科目

子宮内膜症の専門外来

子宮内膜症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ