乳腺症ニュウセンショウ

乳腺症はどんな病気?
乳腺とは母乳を生成分泌する臓器であり、成長や加齢に伴い女性ホルモンの影響を受けながら常に変化しています。時に女性ホルモンのバランスが崩れ、乳房に小さなしこりができたり、痛痒を感じたりする等様々な症状がみられ、そのような症状を総称して広く乳腺症と呼びます。しかしこれらは一時的な症状であって病気ではなく、特別な治療が必要とされるものではありません。また、乳がんとの関連性も否定されています。


乳腺症の症状
乳腺症の主な症状の1つはしこりです。これは加齢やストレス、生活習慣などによるホルモンバランスの乱れによって、生理時に変化する乳腺に不均衡が生まれしこりのようなものが発生するというものです。痛みには個人差があり、チクチクするものやズキズキするものと様々です。痛みの大きな特徴は生理前に強くなり、生理が始まると弱くなることです。

乳腺症の原因
乳腺症とは、乳房にしこりがあり、痛みや分泌物が出る症状の病気です。原因としては、ホルモンバランスの崩れや、加齢、ストレスなどが挙げられます。生理前に乳房の痛みが強くなり、生理が始まる頃には痛みが無くなる傾向がありますが、乳がんの場合は、痛みはありませんので、診察を受けられる前に、ご自身での確認が必要になります。病院で受診される場合は「乳腺科」がある病院で、専門の診断を受けられると良いと思います。

乳腺症の検査と診断
乳腺とは母乳を作り出す部位の事で、その部位に何らかの異常がある時に乳腺症という病名を使用します。乳腺に異常があれば乳がんになる可能性があるのではないかと心配される方も多いとは思いますが、検査方法も乳がんと同じで、問診や触診を行い乳がんとの違いを消去方で見極めていく事になります。普段から自己検診を忘れない事も大事になります。

乳腺症の治療方法
乳腺症の治療法にはホルモンバランスを崩す可能性のある状態を改善することです。ストレスの多い環境や不規則な生活を変えることが治療につながります。生活改善しても乳腺炎のひどい痛みが半年以上も続くようなら化学的な治療が必要となってきます。女性ホルモンの働きを抑える抗エストロゲン薬や鎮痛剤を2~3ヶ月服用することで効果があらわれます。

乳腺症の初診に適した診療科目

乳腺症の専門外来

乳腺症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ