卵巣機能低下症ランソウキノウテイカショウ

卵巣機能低下症はどんな病気?
卵巣機能低下症とは卵巣機能が早期に低下する病気です。症状としてはイライラ、ほてり感など更年期障害にみられがちなものや、無排卵・月経不順、無月経でそのまま閉経することもあります。原因はまだ不明な点も多いですが、他の疾患やその治療によるもの、ストレスや喫煙などが挙げられています。診断は血液検査によって行われ、治療は生活習慣の改善、低用量ピルや漢方薬などの薬を投与したり、ホルモン補充療法を行います。


卵巣機能低下症の症状
卵巣機能低下症の症状については、35歳から40歳程度で無排卵となっていきます。多くの場合には、無月経になっていきます。無月経になった場合には、月経周期が延長したりする稀発月経の期間が長くなっていってしまいます。こういった段階で無排卵になっていることが多くなっています。基礎体温は低温一相症となっていってしむことがほとんどになっています。

卵巣機能低下症の原因
卵巣機能低下症とは卵巣の機能が低下して、排卵が行なわれなくなり40歳以下で閉経してしまうような症状を伴うものなのです。この症状の原因としては、最近の研究で染色体異常が引き起こしていることが分かってきています。せのため根本的な治療法が確立されておらず、対処療法として女性ホルモンであるエストロゲンを投与することで対処しています。

卵巣機能低下症の検査と診断
卵巣機能低下症とは、女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが乱れて卵巣がうまく機能しなくなってしまう事です。月経周期が乱れている方や、無月経の方は病院で適切な検査を受ける事をオススメします。検査方法は尿を採り尿の中にどのくらい女性ホルモンが含まれているかを測定します。ホルモンバランスを整える事で、卵巣がきちんと機能するようになります。ホルモン治療が効果的な治療方法であります。

卵巣機能低下症の治療方法
卵巣機能低下症の治療法については、通常の場合よりも閉経するのが早くなってしまいますので早期にエストロゲンが欠如することになっていきます。骨粗鬆症などが、おきる場合もありますのでエストロゲンが補充されていきます。また、エストロゲンが欠如していってしまうことに関してはホルモン補充療法をおこなっていくこともおこなわれていきます。

卵巣機能低下症の初診に適した診療科目

卵巣機能低下症の専門外来

卵巣機能低下症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ