未分化がんミブンカガン

未分化がんはどんな病気?
未分化がんと言うのは、治癒する確率も低いため治療を行ったとしても3年後生存率が1割程しかいないと言うほど死亡率も高い病気です。この病気は、放射線被爆後何十年も経った後で発症することがあります、またほとんどの場合診断時にはすでに頚部へ転移している事が多いです。このようにこの病気は悪性が非常に強く、頚部組織に転移しているために大抵の場合手術することができません。


未分化がんの症状
甲状腺の未分化がんは非常に厄介な症例の1つです。症状としては声のかすれや声帯の痛みなどですがこれといったおおきな支障が出てこないため治療が遅れてしまうことが多くみられるのです。また甲状腺ですと温存療法を取ることが多く、進行してしまったがんに対してはなかなか対処できないのが現状なのでできる限りはやめの治療が功を奏します。

未分化がんの原因
未分化がんは、長年にわたってすでに存在していた乳頭癌や濾胞癌の性質が急変し、転化することが原因で発症すると考えられています。ある程度大まかに分化した細胞がさらに細かく分化し、臓器の表面になったり、ホルモンを出す細胞になったり変化するのが特徴です。また、この癌は、隣接組織に浸透しやすく、頚部リンパ節と肺や骨などの離れた機関に広範に転移するため、癌の進行が早まる要因となります。

未分化がんの検査と診断
未分化がんの検査方法では、問診による呼吸困難や、日常生活においてものを飲み込みにくい場合や、異常に体重が減ってしまう、さらには日常の行動において疲れやすいなどの症状から認められることがあります。さらに甲状腺のシンチスキャンを用いたものや、CTスキャンや水分のわずかな磁力を活用してイメージをとらえるMRI検査などの方法があり早期発見に有効的な方法となっております。

未分化がんの治療方法
未分化がんの治療法は、ハイパーフラクショネーション放射線照射治療や化学療法、手術のような積極的な方法となります。ハイパーフラクネーション放射線照射治療は、少量の放射線照射を一日に3回~4回行うものです。しかし、悪性度が非常に高く、生命に関わる頸部組織に入り込んでいることにより、診断時にはほとんど手術を行えない状況となっています。

未分化がんの初診に適した診療科目

未分化がんの専門外来

関連部位から他の病名を探す

未分化がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ