胸部外傷キョウブガイショウ

胸部外傷はどんな病気?
鋭利な刃物などによって胸に傷ができることを言います。


胸部外傷の症状
痛み、呼吸困難が一般的ですが、とくに緊急性が高い症状としてはショック症状、意識障害、強い呼吸困難、チアノーゼ、血痰(けったん)・喀血(かっけつ)などがあります。呼吸が速い・浅い、脈拍が速い・弱い、血圧が低いなどの場合は重症であることが予想されます。緊張性気胸・血胸では強い呼吸困難、ショック症状、頸静脈怒張(けいじょうみゃくどちょう:頸静脈の圧が高まって拡張すること)、チアノーゼ(呼吸機能が低下して皮膚や唇が紫色になること)、不穏(ふおん:暴れたり落ち着かなくなること)などがみられます。また心タンポナーデでは血圧低下、頻脈(ひんみゃく:脈が速くなること)、心音微弱(心臓の音が聞き取りにくくなること)、頸静脈怒張などもみられます。

胸部外傷の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

胸部外傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ