関節リウマチカンセツリウマチ

関節リウマチはどんな病気?
関節リウマチとは、身体のさまざまな関節に慢性炎症が起こり、腫れた関節が痛む病気です。炎症と痛みは次第に全身に広がり、進行すると関節が変形を起こすので、日常生活で痛みを軽減させるために装具を装着したり。家事や作業をするために自助具を用いることが有用です。病気の原因はまだはっきりしていませんが、男性より女性に多く発症します。


関節リウマチの症状
関節リウマチの症状は主に手首、足首、手や足の指の関節に出ます。痛みや腫れ、熱っぽさ、特に朝起きたときのこわばりが出ます。病気が進行すると関節の変形も見られるようになります。また関節だけではなく、微熱や倦怠感、呼吸がしにくいなど体全体に広がります。これらの状態は天候にも左右され、雨の前は関節が痛む、気圧の低い日は体が重いなど影響が出ます。

関節リウマチの原因
関節リウマチの症状は主に手首、足首、手や足の指の関節に出ます。痛みや腫れ、熱っぽさ、特に朝起きたときのこわばりが出ます。病気が進行すると関節の変形も見られるようになります。また関節だけではなく、微熱や倦怠感、呼吸がしにくいなど体全体に広がります。これらの状態は天候にも左右され、雨の前は関節が痛む、気圧の低い日は体が重いなど影響が出ます。

関節リウマチの検査と診断
関節リウマチの検査方法は血液検査、尿検査、レントゲン検査で行います。血液検査で特に重視されるのが、炎症の強さを表すCRPの値とリウマチ因子や抗CCP抗体が陽性であるかどうかです。これら検査結果と問診による体の状態で総合的に判断されます。関節の腫れや痛み、朝のこわばりなど6項目のリウマチの診断基準が定められており、この6項目のうち3項目に該当する場合にリウマチと診断されます。

関節リウマチの治療方法
関節リウマチの治療法として一般的なのは投薬による治療です。炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤、免疫異常を改善する抗リウマチ剤、ステロイドが使用されます。また新しい治療薬である生物学的製剤も使用されます。また対症療法ではなく、漢方薬や鍼灸治療によって免疫力を高める方法もあります。関節が動きにくい場合は、整骨院等で関節の動く範囲を広げたり、温熱により患部を温める治療もあります。

関節リウマチの初診に適した診療科目

関節リウマチの専門外来

関節リウマチの専門医

関節リウマチに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ