低呼吸テイコキュウ

低呼吸はどんな病気?
低呼吸とは主に夜の睡眠時に起こる。換気量の少ない呼吸のことであり、無呼吸とか言わないが不完全な呼吸の一種として扱われている。通常の呼吸が50%以上低下、または呼吸の低下が50%以下又は未満の状態である。なのでなるべく呼吸を意識して夜の睡眠に応用することが快適でなお安眠できる。最善の方法であるかもしれない。まだまだ研究をしなければいけない症状である。


低呼吸の症状
低呼吸はその症状の度合いによって四段階に分かれます。最も軽いものでは、たまにぼーっとしたり眠気が襲ってきますがあまり日常生活に支障はきたさない程度です。次のランクになると、会議中や食後などに眠気に襲われ日常生活に支障が出てきます。このランクから車の運転などに危険が伴ってきます。最も危険なランクになると日常生活にまで危険が伴い、慢性的な眠気や疲れがあり5~10年での死亡率が高くなります。

低呼吸の原因
一般の人よりも一分あたりの呼吸が少ない状態の事を低呼吸と言います。発生する原因としては、呼吸をする時に、気道が狭くなるなどの要因で呼吸の回数が減少する場合が多いです。特に、人間が睡眠をする時に仰向けになった場合に関して、肥満である傾向の人は喉の気道が狭くなって、呼吸がしにくいケースが生じます。従って、一時的に無呼吸の状態になって呼吸回数が減る事です。

低呼吸の検査と診断
閉塞性睡眠時無呼吸低呼吸症候群(へいそくせいすいみんじむこきゅうていこきゅうしょうこうぐん)についてです。睡眠中に何度も呼吸が止まり熟睡できない、いびきがひどい、日中に強い眠気がさすなどの症状がみられます。検査方法は「終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)」を用い睡眠中の呼吸の状態血液中の脳波や呼吸状態血液中の酸素濃度心電図などを測定し、睡眠の質や深さを調べいい眠りが得られているかを調べます。

低呼吸の治療方法
上気道を拡張する治療法を受けると、低呼吸の症状や呼吸困難を解消させることが出来ます。上気道のスペースを受ける手術を受ける事で、スムーズに呼吸が出来るようになって息切れや動悸を起こしやすい症状を緩和させる事が出来ます。レーザーを使用した口蓋垂形成手術による治療なら、後遺症や深い傷痕を残すことなく治療を済ませることが可能です。

低呼吸の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

低呼吸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ