多因子遺伝病タインシイデンビョウ

多因子遺伝病はどんな病気?
多因子遺伝病は、複数の遺伝子と環境が相互に関わって発祥する病気です。この遺伝病は、先天性心疾患や二分脊椎、ヒルシュスプリング症などの体の一部に異常を起こすことが多いです。また、体質上の疾患や成人病、あるいはてんかんや精神異常なども、この病気が原因となっている場合があります。遺伝子異常に加え、環境要因のしきい限界が超えると発症すると考えられます。


多因子遺伝病の症状
多因子遺伝病とは、遺伝による病気なのか、そうでない病気なのかはっきりしていない症状のことです。一般頻度より高頻度で発症するけど、メンデル遺伝様式に当てはまるほど高頻度ではない病気をいいます。病気が発生するしきい値が環境によって変化することで、遺伝なのかそうでないのかわからなくなります。糖尿病や高血圧症が上記に当てはまると考えられていますが、証明をされたことはありません。

多因子遺伝病の原因
多因子遺伝病は、その名前にあるように様々な要因が合わさって起こる遺伝性の病気です。この種の疾患を調査するとある特定の家庭に集中して病気が現れる家系内集積性が確認されることが多いです。単一の遺伝子異常が引き起こす身体への影響はあまりなく、複数の遺伝子異常とその人の生活習慣や周辺環境などの影響が相互に作用し合い、何らかの症状が出ることが主な原因です。

多因子遺伝病の検査と診断
多因子遺伝病の主な検査方法は、複数の遺伝子 の変異による疾患があるかどうかで認められることがあります。また、SNP検査は生活習慣病になりやすい集団に対して遺伝子スクリーニングを行うことで病気の検査を実施することも可能になっております。多因子疾患の発症に関わる遺伝要因も研究が進んできており、効率的な遺伝検査が可能になっています。

多因子遺伝病の治療方法
多因子遺伝病の治療法としましては、色々な病気がありますので、その病気に合わせた治療を行う必要があります。糖尿病といったような場合においては、治療の方法としてはインスリンの投与が必要となりますし、精神疾患の場合においては、投薬が必要となっています。ですので、その病気に合わせたような治療の方法が大切ですので、注意する必要があります。

多因子遺伝病の初診に適した診療科目

多因子遺伝病の専門外来

関連部位から他の病名を探す

多因子遺伝病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ