ぜんそく発作ゼンソクホッサ

ぜんそく発作はどんな病気?
ぜんそく発作とは、ぜんそくに伴って観察される不定期的な発作症状です。気道の抵抗による喘鳴やチアノーゼなど、特徴的な症状が観察されます。これらの発作は比較的軽度のものもあれば、時には生命にかかわるような重篤な状態に陥るようなこともあり、決して軽視はできないものです。重度の場合は呼吸困難による意識障害などが起こる場合があります。


ぜんそく発作の症状
ぜんそく発作は、小発作、中発作、大発作の三つに分類されます。主な症状として、喘鳴音や咳、息苦しいなどがあります。小発作の場合は、喘鳴音や咳などは見られるが、横になるkとや歩くことができ、平常な生活を送れるものをいいます。中発作は、喘鳴音や咳が激しく、安静にしても息苦しく、横になれない状態をいいます。大発作は、激しい咳や呼吸困難で横になれず、息苦しくて動けない状態をいいます。

ぜんそく発作の原因
ぜんそく発作が起きるきっかけを作る病気の原因として、一般的な風邪の病気から起こるケースです。風邪から発作が発症する年代は、子供より大人の方が多い事が特徴です。起こる要因としては、風邪をひいている前から後にかけて、職場での仕事から来る強いストレスによる体の弱体化によって、一般的な風邪からぜんそくの症状に移行しやすい事です。

ぜんそく発作の検査と診断
ぜんそく発作の検査方法は、呼吸機能検査や血液検査、気道過敏性試験などを実施していきます。スパイロメーターによって呼吸機能を計測することによって、呼吸機能をチェックすることができます。また、血液検査では、アレルギー反応について調べます。さらに気道過敏性試験により、発作を誘発する薬剤を使用して気道の過敏性の程度について調べます。

ぜんそく発作の治療方法
ぜんそく発作の治療法は、効果がすぐ現れる発作治療薬を使用して発作を抑えることが一番大切です。発作が起きた時には、気管支を広げる短時間作用性吸入β2刺激薬がよく用いられます。またテオフィリン薬も併用されることがあります。また中程度以上の発作が起こった場合は経口ステロイド薬を使用します。これらの薬を使用しても症状が改善されないような重度の発作の場合は、救急で病院を受診します。

ぜんそく発作の初診に適した診療科目

ぜんそく発作の専門外来

ぜんそく発作に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ