遷延性咳嗽マンエンセイガイソウ

遷延性咳嗽はどんな病気?
遷延性咳嗽は、三週間以上続く咳のことを意味します。長く続く咳の症状には、特有の病気が隠されている場合があります。例えばアトピー性の咳嗽や咳喘息、マイコプラズマといった各種の他の病気が原因として考えられます。長引く咳の治療のためには、要因となっている体の疾患を根本から治療することによって、咳の原因を断つ事が必要になります。


遷延性咳嗽の症状
遷延性咳嗽の典型的な症状としては、何週間もせきだけが続き、せきを止める薬が全く効かず、普通のかぜとは違う病気である事に気がつくことが多くあります。又、肺のレントゲンの検査でも異常が出ない事が多くあり、ひどいせきが続き3週間以上続くことになります。この病気は急性のせきが特徴の感染症とは異なり、長引くせきが特徴的な病気です。

遷延性咳嗽の原因
遷延性咳嗽とは、胸部レントゲンに異常が認められずに3週間以上続く咳をいいます。原因として感染性のものと非感染性のものがあり、感染性のものには慢性気道感染症など、非感染性のものには、アレルギー性疾患(咳喘息、アトピー咳嗽)、胃食道逆流、心因性・習慣性のもの、薬剤(ACE阻害薬)、限局性中枢気道病変(腫瘍、結核、異物)などがあります。

遷延性咳嗽の検査と診断
遷延性咳嗽の検査方法には、血液検査と胸部X線検査があります。問診により3週間以上、痰を伴う咳の症状があると分かった場合には、ウイルス感染が疑われるので、これらの検査によって診断が可能です。痰を伴わない場合は、ぜんそくやアトピー性など他の原因を疑う必要があります。問診で症状の発生時間帯や家族に同様の症状がないかを確認し、総合的に判断することが必要です。

遷延性咳嗽の治療方法
中枢性鎮咳薬という咳止め薬を使用した治療法で、遷延性咳嗽を治すことが出来ます。中枢性鎮咳薬を飲めば、咳き込みの症状や血痰が出る症状を効果的に改善する事が出来ます。ビタミン剤の投与を受けると、病気で失った体力を取り戻す事が出来ます。ステロイドを含んでいる鎮咳薬を服用する方法でも、咳と扁桃腺の腫れの症状を緩和させる事が可能です。

遷延性咳嗽の初診に適した診療科目

遷延性咳嗽の専門外来

関連部位から他の病名を探す

遷延性咳嗽に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ