脊柱後弯症セキチュウコウワンショウ

脊柱後弯症はどんな病気?
脊柱後弯症とは、脊柱が何らかの理由によって後湾することによって発生する障害のことです。脊柱は本来は自然なS字カーブをえがいているものですが、この自然なカーブが崩れることによって様々な障害が発生します。例えば、過剰な負荷が椎体に加わることによって、疲労骨折が生じてしまうようなケースもあります。脊柱の後湾症は骨粗鬆症と関連している場合があります。


脊柱後弯症の症状
脊柱後弯症では、この疾患の引き起こされる背景によって症状が異なると考えられます。先天的なものや軽度ものの場合は、ほとんど何も自覚しないようなケースもありますが、老人性の場合は、背部や腰部に強い痛みを感じたり、神経障害などが起こるケースもあります。この二つのケースについては、前者の方が比較的多いのではないかと考えられています。

脊柱後弯症の原因
脊柱後弯症とは、脊柱の後方への湾曲異常で、背骨を横から見ると後ろに脊柱が曲がっている状態になります。原因については不明なものが多いのですが、先天的な異常、神経や筋肉の異常によるものがあります。検査と診断については脊柱の変形から疑います。次にX線写真から脊椎骨や肋骨の異常がないことを確認します。治療法は年齢によって異なります。軽度の場合は運動療法で経過観察しますが、重度の場合は装具治療です。

脊柱後弯症の検査と診断
通常脊柱後弯症の主訴に痛みは乏しい為、他人から指摘されたり定期的な健康診断などで見つかる場合が多いようです。いずれにしても、検査方法はX線撮影が用いられます。先天性の場合は特に、容易に画像判断できます。神経系や泌尿器などにも疾患を伴うことがあるので、充分な検査が必要になります。MRI検査が有用です。また加齢によると思われるときは、骨粗鬆症の検査も必要です。

脊柱後弯症の治療方法
脊柱後弯症の治療法は、現在の医療では残念ながら、的確な予防法や根治治療の方法はありません。年齢や側弯の角度、また進行度によって装具を装着し、それ以上の進行を防止する治療が一般的になっています。また先天性のものや、神経の病気からきているもの、50度以上の側弯の状態ならば手術を行い、脊柱を矯正して固定させます。また鍼やマッサージ、運動療法で姿勢を正すため必要な力をつけることが大切です。

脊柱後弯症の初診に適した診療科目

脊柱後弯症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

脊柱後弯症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ