喉頭ポリープコウトウポリープ

喉頭ポリープはどんな病気?
喉頭ポリープとは、一般的には声帯ポリープと呼ばれているものです。このポリープ自体は良性で問題はないのですが、声がかすれたりするので日常生活に支障をきたすことがあるのです。
特に大きな声を出すような仕事についている人は、声を無理に出すことでポリープに炎症を起させてしまい、外科的手術でポリープ切除をする必要がでてきます。


喉頭ポリープの症状
喉頭の部分に小さな塊のようなできものが出来るのが喉頭ポリープですが、ほとんどの場合は良性腫瘍です。症状としては、喉の部分に普段と違った違和感があることが特徴です。
声がかれたり、かすれるなどの症状が現れ、声の質は息が漏れているような感じで若干低音になります。
そのほか、声を出すときに普段よりも疲れを感じたり、話している途中で声が出なくなったりします。

 

喉頭ポリープの原因
喉頭ポリープの原因として声による咽頭の酷使があげられます。
ヒトの声は声帯の振動によって発せられます。男性の会話で毎秒100回、女性では毎秒250回と声帯は振動しているので、無理な発声を続けると声帯内の血管が破綻し、やわらかいコブのようなポリープを生じさせ、発声障害を引き起こすようになります。
他にも喫煙者に多い傾向があります。

喉頭ポリープの検査と診断
喉頭ポリープの検査は比較的簡単に行えます。まず問診で声を聞き、声のかれや喉の違和感など特徴的な症状があるかどうかを確認します。
そして口の中に歯科医が使うような小型の鏡を入れて診察します。
喉頭ファイバーという、直径数ミリの細さのファイバースコープを用いて検査する場合もあります。これは喉の反射が強い人や、喉の奥が狭い人にこの検査法が用いられます。

喉頭ポリープの治療方法
喉頭ポリープの治療法は、出来て間もないポリープであれば、喉を使わずに消炎剤の内服用にて自然に消えることがあります。
しかし、古くなって固まった場合は、外科的手術により切除を行います。最近では拡大視を使用しながらの喉頭顕微鏡下手術にて行います。
また、小さなポリープの場合は、電子内視鏡やファイバースコープを利用した鉗子で鉗徐する方法もあります。

喉頭ポリープの初診に適した診療科目

喉頭ポリープの専門外来

関連部位から他の病名を探す

喉頭ポリープに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ