高血圧眼底コウケツアツガンテイ

高血圧眼底はどんな病気?
血圧が高くなると、その影響で網膜の出血や綿花様白斑などの様々な病変が生じることを、高血圧眼底といいます。高血圧性網膜症とも呼ばれています。網膜の血管は、全身の血管の指標ともなります。また、網膜の血管が障害されることで、視神経にも影響が生じ、視力を低下させる原因ともなります。重度の場合、失明となることもあります。成人の失明原因の第1位であるとも言われています。


高血圧眼底の症状
高血圧眼底の症状とは、網膜の動脈が痙攣を起こし、ところどころ細くなったりすることから始まります。さらに進行すると、網膜の出血や、むくみ、綿花様白斑などが見られるようになってきます。さらに悪化が進むと、目の中心の血管、視神経が集まる部分が腫れ上がって、浮腫が発生します。そして、動脈が弾力を失ってきて、網膜の動脈硬化へとつながってしまいます。

高血圧眼底の原因
高血圧眼底は、高血圧を原因とする眼の病気です。血圧が高くなると、血液の量が増え血管を押し広げます。弱い血管にいたっては、破れてしまうこともあります。細い血管ほどその影響を受けやすく、毛細血管がたくさんある眼の網膜も大きな影響を受けます。高血圧以外にも、糖尿病やその他の合併症としても起こる可能性があるため、定期的な検査を行い早期治療を行いましょう。

高血圧眼底の検査と診断
高血圧眼底の検査方法は、高血圧の症状を網膜の血管を観察することで、判断します。高血圧の診断と、眼の疾患の診断が同時に、しかも手間をかけずに行うことができる検査として、活用されています。眼底検査で異常があった場合には、高血圧など別の疾患によってその異常が引き起こされているケースが疑われるので、それを一度に診断することが可能です。

高血圧眼底の治療方法
高血圧眼底の治療法では、内科による高血圧症の治療がメインとなります。眼科において定期的に眼底の検査を受けるのはもちろんですが、この病気のもととなる高血圧を改善していかなければなりません。高血圧症を治療していくためには、普段の食事や生活習慣などに気をつけていくことが大事です。また、定期的な健診も高血圧を予防する上で欠かせません。

高血圧眼底の初診に適した診療科目

高血圧眼底の専門外来

高血圧眼底に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ