巨大色素性母斑キョダイシキソセイボハン

巨大色素性母斑はどんな病気?
巨大色素性母斑とは、皮膚に大きな黒いアザが出来てしまいます。これは生まれた時にはすでに存在している場合もありますし、次第に現れる事もあります。出現する部位もお腹や背中等様々な場所に現れます。そしてアザの部分に太くてかたい毛が生えている事もあります。まず見た目にも大変目立ちますので成長するにつれて大きなコンプレックスにもなります。


巨大色素性母斑の症状
巨大色素性母斑の症状とは、まず皮膚に大きな黒いアザが出来ています。場所は限定されませんが見た目にも大変大きく目立ちます。皮膚の色が一部変色しているだけで痛みは全くないです。しかしこのアザの部分から濃くかたい毛が生えてくる場合もあります。そしてこのアザは悪性化する場合もあり、アザがもりあがって炎症を引き起こす場合もあります。

巨大色素性母斑の原因
この巨大色素性母斑がとても多く発症されているのですが、この原因については「夏」に影響があるのです。紫外線を受けることによって、母斑が多く発症してしまうのですが、その際の予防策としては「UVAカット」等を利用することがによって、ある程度の被害を防ぐことができるのです。また、放置をしてしまうと、母斑が広がってしまうのです。

巨大色素性母斑の検査と診断
巨大色素性母斑の検査方法とは、この病名を診断する為には一般的に細かい検査を行う事はないです。それはまず専門家であれば見た目の症状で直ぐに分かるからです。これは大きな黒いあざが特徴なので直ぐに異常が分かります。しかし時にこの黒いあざに炎症等の症状が現れる事があります。それは癌の発生による可能性もありますので、あざの組織を採取して詳しく検査します。

巨大色素性母斑の治療方法
巨大色素性母斑の治療法とは、レーザーを患部に直接あてて、アザを次第に薄く目立たないようにするレーザー治療があります。これは完全に消し去る事は難しくなります。他には皮膚に直接メスを入れて、患部を縫い合わせる手術や、アザをメスで切り取った部分に、皮膚を移植する皮膚移植も行われています。これはアザ自体は無くなりますが手術による傷跡が残ります。

巨大色素性母斑の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

巨大色素性母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ