急性閉塞隅角緑内障キュウセイヘイソクグウカクリョクナイショウ

急性閉塞隅角緑内障はどんな病気?
急性閉塞隅角緑内障とは、前房隅角の閉塞を伴う緑内障です。虹彩が隅角へ引き上げられるか、又、押し上げられるかの原因によって、房水流出が妨げられて、眼圧が上昇し、視神経に障害がおきます。発症が急激におこり、激しい目の痛みと充血、視力低下、頭痛、悪心、嘔吐等がおきます。発症時、直ちに治療を行わないと、視力に障害がでる恐れがあります。


急性閉塞隅角緑内障の症状
急性閉塞隅角緑内障(急性発作)では、まず突然眼圧の上昇がみられ、激しい目の痛み、目の充血、目のかすみ、頭痛、吐き気、嘔吐などのあらゆる症状が起こってきます。こうした兆候を放置し続けると、特に重症例では、最悪失明に至る危険性もあります。なお、本症例については、50歳以上の遠視の女性に多く、また高頻度にみられる傾向を示しています。

急性閉塞隅角緑内障の原因
急性閉塞隅角緑内障の原因としましては、身体のかたちからくる解剖学的因子と年齢的による加齢変化、さらには散瞳誘因があります。散瞳については急性発作の誘発するものとしてとくに重要となります。ですから、眼科検査薬の散瞳薬や興奮する、暗い場所で瞳孔が広がるなどによって起こることがあります。徐々に眼圧が上がる慢性型と、房水の排出口が急に塞がる急性型があります。

急性閉塞隅角緑内障の検査と診断
急性閉塞隅角緑内障の検査方法としては、まず結膜充血の有無の確認、視力検査、浅前房検査、散瞳試験、暗室試験、うつ伏せ試験で診断し、さらに眼圧検査、圧迫隅角検査、隅角グレイド検査などを繰り返し行うことで、前房深度の減少を経過観察する。角膜浮腫によって視神経は観察困難で、苦痛のともなう視野検査は行わない。角膜混濁と、もろくなった角膜上皮によって、隅角鏡検査が困難な場合がある。

急性閉塞隅角緑内障の治療方法
急性閉塞隅角緑内障の治療法は、視力が急激に障害される恐れがあるため直ちに治療を開始し、一度に複数の高浸透圧薬などを投与します。根本的治療としては、レーザー周辺虹彩切開術で後房から前房へ、房水が流れるもう一つの流出路を作ります。角膜が透明になって炎症が収まると同時に施行します。他眼が、急性発作を起こす確率は高いので、両眼に対してレーザーで周辺虹彩切開術を行うのが一般的です。

急性閉塞隅角緑内障の初診に適した診療科目

急性閉塞隅角緑内障の専門外来

急性閉塞隅角緑内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ