有痛性分裂膝蓋骨ユウツウセイブンレツシツガイコツ

有痛性分裂膝蓋骨はどんな病気?
有痛性分裂膝蓋骨という病気は膝の痛みに関するものです。走ったり運動するなど膝を動かした時や膝の皿を指で押したときなどに痛みを感じます。こういった症状は他の膝の病気にも現れますがこの病気の場合、通常一つの膝の皿が先天性やスポーツや事故などによって割れて二つ以上になっています。予防としては膝への負担を減らすために運動前後にはしっかりと準備運動やクールダウンを行います。


有痛性分裂膝蓋骨の症状
有痛性分裂膝蓋骨の症状は、通常一つであるひざの皿が2個以上に分裂してしまうので通常は痛みを感じませんが急に走ったり止まったりするなどの負担がかかる運動をした後や、指で圧力をかけた時にズキズキと痛みを感じることがあげられます。特に成長期の10代前半の男子は骨や筋肉が成長をする期間であるため膝が不安定になりやすいので多くみられます。

有痛性分裂膝蓋骨の原因
有痛性分裂膝蓋骨の主な原因としては、膝の皿が割れたような形状になっている先天性のものがあります。又、このような生まれつきの膝の形状に加え、膝の蓋骨に大きな衝撃が加わり、この皿の部分が割れてしまうケースもあり、このような場合は激しい運動で膝の蓋骨に着いている大腿四頭筋に強い力がかかる事が要因となります。この大きな膝への負荷が蓄積してしまい、転倒などの怪我が引き金となり、この症状が出る事があります。

有痛性分裂膝蓋骨の検査と診断
有痛性分裂膝蓋骨の検査方法は、X線検査やCT検査のような画像検査を用いて実施していきます。痛みを感じる膝を画像診断し、膝の膝蓋骨の状態について確認します。もし膝の膝蓋骨に分裂が見られたならば、この病気であると確定できます。また、撮影条件によっては、大腿骨と分裂骨片が重なり撮影されることもあるため、必ず軸写像を撮影します。

有痛性分裂膝蓋骨の治療方法
有痛性分裂膝蓋骨の治療法と致しましては、基本的に外科療法などはせず、保存療法を行います。保存療法はさまざまありますが、まずは激しい運動などは避け、安静にすることで症状は軽減する場合が多いです。 主にはリハビリテーションとして電気治療や温熱療法などを行い、その他ではストレッチングをしたりマッサージをすることで回復が見込めます、一向に良くならない場合は局所に注射をします。

有痛性分裂膝蓋骨の初診に適した診療科目

有痛性分裂膝蓋骨の専門外来

関連部位から他の病名を探す

有痛性分裂膝蓋骨に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ