扁平骨ヘンペイコツ

扁平骨はどんな病気?
扁平骨とは頭蓋骨を作る前頭骨や頭頂骨のような内腔を囲み保護するとともに、この骨は扁平なため表面が広く、筋の付着面ともなります。また、この骨は2層の緻密層に薄い海綿質がつまってできています。機能として、骨髄で赤血球や白血球を作ったり、脳などの衝撃に弱い器官を守ったりする機能があげられます。さらに、カルシウムやリンなどの体の働きに必要不可欠なものを蓄える機能も持っています。


扁平骨の症状
扁平骨の主な症状は、皮膚の上から骨のような固さをもった腫瘤が形成されるというものです。ほとんどの場合痛みを伴う事はありませんが、腫瘤が大きくなって周りの骨や組織を圧迫することで痛みを感じることもあります。また腫瘤が大きくなることで、関節の動きが制限され、それによって体がうまく動かなくなることもあります。腫瘤の発育は遅く、骨の成長が止まるとともに腫瘤の発育も止まります。

扁平骨の原因
扁平骨とは平らな骨が2つの緻密な硬い層に挟まれている骨のことを言います。この骨は、頭蓋骨や肋骨などにある骨です。通常は痛むことが無いのですが、骨と骨との間に海綿質の層がありそこが磨り減ってしまうと痛みを生じることがあります。これが痛みの原因となり海綿層を回復させないと、骨が直接擦れ合ってかなりの痛みを感じ続けることになるのです。

扁平骨の検査と診断
扁平骨の検査は整形外科でも行なう事が出来ます。骨がどんな形になっているのかを調べていきますから、視診では診断をする事は不可能です。ですからレントゲン検査やCT検査を行って検査を進めていきます。撮影するだけで診断する事が出来ますから検査方法は至って簡単であります。すぐに撮影は終了しますから、すぐに診断してもらう事も出来るのです。

扁平骨の治療方法
扁平骨にがんが見つかった時は、骨に付いているがん細胞を除去する手術を受ける必要があります。骨の内側までがん細胞が入り込んでいる場合は、骨に穴を開けて壊死している骨の細胞と膿を全部取り出す治療法で効果的に治すことが出来ます。がん細胞を全て取り除いた後に抗がん剤を服用することで、がんの再発と細菌の感染を効果的に防ぐ事が出来ます。

扁平骨の初診に適した診療科目

扁平骨の専門外来

扁平骨に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ