尿道異物ニョウドウイブツ

尿道異物はどんな病気?
尿道に異物が入っている状態のことを尿道異物といいます。尿道が炎症を起こしている場合、尿道に痛みを感じたり違和感を感じる症状が出ます。排尿をする時にペニスに強い痛みを感じるようになります。症状が悪化してしまうと血尿が出たり、排尿ができなくなります。なので泌尿器科に早めに通院して、尿道に入っている異物を取り除いてもらう必要があります。

尿道異物の症状
尿道異物とは、手術の際に用いた尿道カテーテルの残骸や手術の縫合糸などが尿道に残される医原性によるものが多い症状です。尿道に異物を長期間残留させますと細菌に感染して結石化してしまったり、進行すると膀胱に穴が開いてしまうようなこともおきます。治療法としては外科的手術を行い、尿道に取り残されている異物を除去することで完治できます。

尿道異物の原因
尿道異物とは異物が尿道から侵入する場合と、膀胱壁を通過して侵入する場合があります。原因としては、男性の場合、自慰、性的行為、悪戯などに棒状の異物を尿道を挿入された時などです。女性の場合はカテーテルの破損物、手術時に使用した縫合糸、ガーゼなどが医療に関係して発症することが多いです。また外傷に伴う場合、金属片や木片などが侵入し起こるケースもあります。

尿道異物の検査と診断
尿道異物を調べる方法と言う物はいくつかあります。一つは、尿検査です。この方法が最も一般的であるといえます。検査方法は他にもあります。それは触診です。触診で異常がないかどうか、ということを調べることもあります。こうした検査の方法があることをよく知っておくと良いでしょう。基本的にそれほど難しい検査ではありませんから安心してください。

尿道異物の治療方法
尿道異物の治療法には主に二つの種類があり、異物の大きさや性質、形を参考にどちらかを決めます。まずは、尿道のほうから器具(内視鏡)をいれて異物を取り出す方法で、異物が比較的小さい場合に使われます。二つめは尿道や膀胱を切り開いて取り出す方法で、異物が大きいときや、内視鏡操作では摘出が不可能だと判断された場合に使用されます。

尿道異物の初診に適した診療科目

尿道異物に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ