側副靭帯損傷ソクフクジンタイソンショウ

側副靭帯損傷はどんな病気?
側副靭帯損傷とは、ひざの内側に存在する側副靭帯が損傷することです。人間の膝は、その前後左右がいくつかの靭帯で固定されています。これらの靭帯があるおかげで、膝の関節がぐらぐらしたり、外れたりするのを防いでいます。側副靭帯が損傷すると、歩行時などに痛みを感じます。原則的には損傷した靭帯を修復するための手術が必要であると考えられます。


側副靭帯損傷の症状
側副靭帯損傷の症状には以下のようなものが挙げられます。まずは側副靭帯が損傷している側の膝の痛みが観察されます。また、痛みの他にも、腫れが生じたり患部が熱を帯びたりすることもあると考えられています。側副靭帯は内側と外側にそれぞれありますので、これらは損傷している側だけで観察されることになります。内部に血腫が生ずることもあります。

側副靭帯損傷の原因
側副靭帯損傷の原因は、膝関節の内側方向への負荷によって起こります。膝関節部分には側副靭帯があります。膝関節の内側方向へと無理に力がかかったり、強い衝撃を受けたとき、あるいは無理に捻ることによって、側副靭帯が損傷してしまいます。スポーツでの急激な方向転換や、あるいは大腿部の筋力不足などの要因によって生じることがあります。

側副靭帯損傷の検査と診断
肘関節における側副靭帯損傷の検査方法は先ず外観視診と共に該当肘部位に各方向から動きを与え、痛みの起こり方、違和感、肘が外れそうな感覚の発生具合を確認します。次いで骨や靭帯の状態確認のために単純レントゲン撮影やMRI検査を実施し、患部の詳細を確認します。場合によっては肘に負担を掛けた状態でレントゲンを撮るケースもあります。

側副靭帯損傷の治療方法
側副靭帯損傷の治療法としては、他の靭帯、半月板に問題がなければ、筋パルス、靭帯パルスなどのマッサージは有効です。靭帯の伸張または一部線維のみ断裂の場合は、RICE処置を行い、疼痛が治まったらすぐにリハビリを始めます。靭帯線維の断裂が多数見られる場合や靭帯が完全に断裂している場合は、RICE処置を2、3日行い、シリンダーギブス固定を2週間行います。その後、支柱付きサポーターを付けます。

側副靭帯損傷の初診に適した診療科目

側副靭帯損傷の専門外来

側副靭帯損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ