上下斜視ジョウゲシャシ

上下斜視はどんな病気?
物が上下にずれて見えて困ります。最も多いのは、上斜筋麻痺によるものです。上斜視となった方の目と反対側に頭を傾けて物を一つに見ようとする姿勢をとります。上斜筋の他に下斜筋、上直筋や下直筋、それらの筋肉の麻痺が組み合わさった形で現れます。また眼窩壁骨折で筋肉が固定され動かなくなり、上下斜視を引き起こすことが特徴の一つとしてあげられます。


上下斜視の症状
上下斜視は、左右の目の視線が一致せず片方の目の視線が目標物とはほかの方向を向いてしまうという状態です。外見上の症状としては、片方の黒目の位置が左右または上下に向いています。本人は、両眼視ができないといった状態や一つのものが二つに見える複視、目の疲れや弱視なども起こりえます。多くの場合、斜視は子供に多い病気とされますが、大人の斜視もあるのです。

上下斜視の原因
上下斜視の主な原因についてですが、最も多いのが上斜筋という目を下や内側に向けさせる筋肉が麻痺している、上斜筋麻痺によるものです。先天性と後天性があります。次に、下斜筋渦動があります。下斜筋渦動は、目を上に向けさせる筋肉で、斜め方向の働きすぎてしまうことで斜視が起こります。また、上斜筋と下斜筋の働き方のバランスが悪い場合もあります。

上下斜視の検査と診断
上下斜視の検査では、角膜反射法としてまず、両眼にペンライトで光を当てて、角膜の反射が左右とも中心に来ているかの確認をします。また、反射のずれていない方の眼を隠した際のもう片方の眼の動き、それぞれを隠した際の両方の眼の動きを見ます。また、視力検査によって左右差がないか、屈折検査で近視や遠視・乱視の状態の確認、眼球運動検査などの検査方法も行います。検査によって視線のずれや幅や要因を知ることも大切です。

上下斜視の治療方法
症状が軽い上下斜視の場合、眼鏡やコンタクトレンズを着用することで視力の低下を治すことが出来ます。点眼薬を使った治療法で、視力低下を予防することが出来ます。症状が重い時や両目とも斜視になっている時は、視線の位置を調整するために手術を受ける必要があります。眼の手術を受けると、斜視を再発しなくなって完全に治療することが出来ます。

上下斜視の初診に適した診療科目

上下斜視の専門外来

上下斜視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ