歯肉増殖症シニクゾウショクショウ

歯肉増殖症はどんな病気?
歯肉・歯茎が異常に膨らんでしまうのが歯肉増殖症(しにくぞうしょくしょう)の症状です。痛みを自覚することはほとんどありません。歯茎の方が歯よりも目立つようになり、肥大しきった歯肉が歯並びを乱すこともあります。歯肉は出血しやすく、うっ血し硬く膨らみます。歯茎が歯から離れてしまうために食べかすの類が溜まり易くなるために細菌感染が起きます。治療として、手術によって肥大した部分の切除もありえます。


歯肉増殖症の症状
歯肉増殖症の症状は、名前の通り歯肉が肥大化してしまい、それに伴い痛みや違和感を感じることが多くあります。また、出血も伴う場合は炎症してしまう恐れがありそこから感染症に発展する可能性もあります。更に悪化してしまった場合は、歯肉が更に増大し歯が見えなくなるほど歯肉に覆われてしまい、日常生活の食事や会話などにも影響をあたえる可能性があります。

歯肉増殖症の原因
歯肉増殖症にはいくつかの原因が知られています。一つは薬物投与によって引き起こされるもので薬物誘発性歯肉肥大と呼ばれ、てんかん治療に使われるフェニトインの長期服用や高血圧・狭心症の薬であるニフェジピン、また免疫抑制剤であるシクロスポリンAの投与によっても発症が認められています。また単純性歯肉増殖といい血管の反応性の変化と歯肉組織の増殖が合併する事により引き起こされる事もあります。

歯肉増殖症の検査と診断
歯肉増殖症の検査方法としては歯肉肥大したことを見つけた時には、歯科医による診察を受けます。ほとんどの場合は歯肉肥大では、全身既往歴といった歯科医による注意深い問診や口腔内検査によってその原因が明らかになります。原因により治療法が異なるので、この検査で原因が見つからなかった場合は、生検や血液検査といった検査をする必要があります。

歯肉増殖症の治療方法
歯肉増殖症とは歯肉、歯茎が膨らんでしまうものです。その治療法は歯肉炎などの原因になっている病気を治すことです。異常に肥大してしまった歯茎や歯肉の場合は手術で切除こともあります。薬剤などでの治療に関しては医師の診断を元に行われます。口臭や歯並びにも影響をしてきますので早めに原因となる病気を完治させることがとても大切です。

歯肉増殖症の初診に適した診療科目

歯肉増殖症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

歯肉増殖症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ