骨痛コツツウ

骨痛はどんな病気?
骨痛とは、骨に起こる痛み(疼痛など)のことです。筋肉痛などのように広く知られている名前ではありませんが、病気の発覚のサインにもなる重大な事です。考えられる病気としては、事故や怪我でのわかりやすい病気から、骨粗鬆症(カルシウム不足により骨がスカスカになる病気)、骨髄炎、白血病、ガンの骨への転移など重篤な病気まであります。


骨痛の症状
人が筋肉や関節が痛むのと同様に骨に痛みを感じることがありそれを骨痛といいます。人体のほとんどが骨に占められているのでどこの箇所でも痛くなる可能性があります。また疼痛が起こり痛みを持続的に感じることもあります。骨が痛むのでその痛みは筋肉などに比べて耐えがたいことがあります。症状は人それぞれ違うのがほとんどですが共通しているのは痛みということです。

骨痛の原因
加齢に伴う骨痛は、骨が年齢によって骨を作る機能が衰えてきて、膝などの骨がすり減る原因で骨が痛む事です。従って、カルシウムの補給をしっかりと行わないといけない事です。一方で、骨折による骨の痛みは、内部にある骨の折れた部分が神経に当たって痛みを発生している事です。いずれにしても、すぐに整形外科に骨の状態を診断してもらいます。

骨痛の検査と診断
骨に継続的な痛みを感じる場合は骨痛の症状が疑われます。病院に行って検査を受ける事をお勧めします。検査方法は基本的にMRI検査や薬剤を注入して画像検査を行う骨シンチグラフィーになります。同時に血液検査を行ったりもします。早期発見できれば薬の投与で完治させることは可能です。発見が遅れると、骨の中に膿が溜まっている可能性があるので、手術が必要になります。

骨痛の治療方法
抗がん剤を患部に注射する方法で、骨肉腫による骨痛を緩和させる事が出来ます。骨に腫瘍や膿が進入している場合は骨を切除して、切除した骨の代わりにボルト埋め込む手術を受ける必要があります。腫瘍に侵された骨を取り除く治療法を受ける事で骨の痛みだけでなく、腫瘍の転移を効果的に抑制する事が出来ます。放射線を骨に照射する治療で、初期状態の腫瘍を消す事が出来ます。

骨痛の初診に適した診療科目

骨痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

骨痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ