口腔異常感症コウクウイジョウカンショウ

口腔異常感症はどんな病気?
口腔異常感症(こうくういじょうかんしょう)という病気についてです。口腔(口の中)に炎症や腫瘍がないにもかかわらず、知覚過敏や痛み、乾燥感や異物感などの異常を感じる病気の状態を指していいます。粘膜の炎症や歯科処置などをことさら気にし続ける几帳面、完璧癖などの性格から発生するストレスや不安などからの心理的要因があります。唾液線機能の低下、血清鉄の低下などの身体的要因などに分けられます。

口腔異常感症の症状
口腔異常感症の症状には、口腔内に痛みやしびれ、乾燥感や知覚過敏、そして異物感を感じる等が挙げられます。これらの特徴として、口腔内に器質性の疾患が認められないにも関わらずこうした感覚が現れるという事があり、口腔粘膜の異常に関して特に過敏になりがちです。口の中の乾燥感を訴える口内乾燥症が多く、大抵食事中はこれを感じなくなります。

口腔異常感症の原因
口腔異常感症の原因となるものは、未だに明確にはされていません。しかし心理的と身体的の要因とが合わさって起きる可能性があると考えられます。心理的なのはストレス、不安などで、几帳面や完全癖などの性格の人に傾向がみられがちです。また身体的なものとしては、唾液腺機能や血清鉄の低下、口腔内の細菌叢の変化などがあると言われています。

口腔異常感症の検査と診断
口腔異常感症の検査方法については、初めに視診で炎症・腫瘍などの原因となりうる病気の有無を確認します。続いて、安静・刺激時それぞれの唾液腺機能を調べます。また、血液検査も行い、血清鉄や亜鉛の値を調べます。口腔内菌検査は、影響を受けづらい早朝唾液を検体としますが、真菌の一種であるカンジダの増殖の有無には、とくに注意します。

口腔異常感症の治療方法
口腔異常感症の治療法としては、舌痛症の治療のように、抗うつ薬の使用を用いてカウンセリングをしていくことになります。抗うつ薬の内容としては、昔からこの病気の治療に使用されているミアンセリン、アミトリプチリンを利用していきます。他にはミルナシプランやフルボキサミンの使用も、最近では有効であるとされていて、さらに少しの抗精神病薬も効く場合があります。

口腔異常感症の初診に適した診療科目

口腔異常感症の専門外来

口腔異常感症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ