カリフラワー耳カリフラワーミミ

カリフラワー耳はどんな病気?
カリフラワー耳とは、餃子耳とも呼ばれその名の通りぼこぼことした形状に変化した耳のことを言います。格闘技やラグビー等の耳に激しい打撲や摩擦を受ける競技の選手に多く、耳の皮膚と軟骨の間に血液がたまって血腫ができ、それを放置したまま再発を繰り返して血腫が硬く大きくなる事が原因です。聴力が落ちたり、中耳炎等の炎症を誘発しやすくなりますが、競技を続ける限り根本的な治療は難しいです。


カリフラワー耳の症状
カリフラワー耳(耳介血腫)の症状は、耳を強くこすりつけることによって耳の軟骨と皮膚の間に紫色の内出血が起きる事です。発症直後は柔らかいままですが、この内出血を放置してしまうと通常の耳より厚みと硬さを増したカリフラワーのような耳になり元に戻らなくなります。この状態にならないためには、イヤーパッドをしてスポーツをするしかありません。

カリフラワー耳の原因
カリフラワー耳は、長期的に耳に圧力や負荷がかかることが原因となって起こります。負荷によって起こる変形は、特に長時間にわたって床に耳を押し付けられるような、寝技が主体の格闘技である、柔道やレスリングのようなスポーツ選手に決まって見られる症状です。選手のみならず、これらのスポーツを、学生時代に継続して練習した人ほど、耳の変形症状が見られます。

カリフラワー耳の検査と診断
カリフラワー耳の検査方法は、主に外的な要因から生じたのかなどを調べる問診から始まり、その後に血液の抽出を行っていきます。外部からの衝撃によって発症したことが明確である場合には、高い確率で血液の抽出を行い、血腫がどのような状態かを調べていきます。また、必要に応じて聴力の詳細な検査を行い、耳の内部に異常がないかも確認します。

カリフラワー耳の治療方法
カリフラワー耳の治療法は、軽度の場合は冷湿布で改善することもありますが、基本的には太い注射針を刺して、血液を抜き取ります。血液が凝固して上手く抜くことができない時は、皮膚を小切開して抜き取ります。血腫が広範囲であったり、再発を繰り返している場合は、再び血が溜まらないようにするためにも、小切開して抜き取ることが奨励されます。

カリフラワー耳の初診に適した診療科目

カリフラワー耳の専門外来

カリフラワー耳に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ