外陰部のかゆみガイインブノカユミ

外陰部のかゆみはどんな病気?
外陰部のかゆみは、たくさんの病気が考えられます。もともとデリケートな部分なので、汗もや生理用品・下着によるただれなどから、糖尿病によるかゆみ、性病などです。一般的に多いのが『カンジダ症』で、これは性行のあるなしに関わらず女性ならだれにでも起こり得る病気です。
もしかゆみが性病によるものであれば、早く治さないと子供を望めなくなる可能性があります。恥ずかしがらず、婦人科などを受診しましょう。

外陰部のかゆみの症状
外陰部のかゆみの症状とは、まず外陰部に強い痒みが現れます。下着等に接している部分ですから通気性が悪く、汗をかくと蒸れてしまい余計に痒みは酷くなります。
人前で掻くことは出来ない部分なので、大変辛い思いをします。トイレ等に入り掻きむしってしまう場合もあります。すると傷が出来てしまいます。その為に下着を血で汚してしまう事もあります。

外陰部のかゆみの原因
外陰部のかゆみの原因には大きく分けて、かぶれと感染症の2つがあります。
かぶれは主に下着による締め付けや、デリケートゾーンの蒸れ、女性ならば生理用ナプキンとの接触などでも起こります。
一方の感染症は細菌、ウイルス、真菌などの病原体に感染することで起こります。カンジタという真菌による感染がよく知られています。

外陰部のかゆみの検査と診断
外陰部のかゆみは軽ければ自然に治ることも多く、生理前であれば、生理にるまで待てば治ったりします。
かゆみが強かったり、性病が心配な時は婦人科に行きましょう。
検査方法としては問診、視診、血液検査、膣分泌物検査などを行い感染症がないか診断します。膣内の検査は少し結果が出るまで日にちが必要になることが多いです。


外陰部のかゆみの治療方法
外陰部のかゆみと言っても、病気によって治療法は様々です。
性感染症のカンジダ症は、膣座薬を挿入し、抗真菌剤軟膏を塗ります。尖圭コンジロームの場合は、腫瘤を手術で切除したり、冷凍・レーザー療法等を行います。毛じらみ症によるかゆみの場合は、陰毛に毛じらみが住み着いている為、陰毛をそり落として、毛じらみを取り除くのが最も効果的です。

外陰部のかゆみの初診に適した診療科目

外陰部のかゆみの専門外来

外陰部のかゆみに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ