アレルギー性肺炎アレルギーセイハイエン

アレルギー性肺炎はどんな病気?
アレルギー性肺炎とは、特定のアレルギー性物質によってひきおこされる肺炎のことです。肺炎とは通常、ウイルスや細菌などによって引き起こされますが、アレルギー性の肺炎の場合は、何らかの理由によってその物質が肺の中に入り込み、アレルギー反応が起こって炎症が生じます。原因となるアレルギー性物質を除去し、炎症抑える必要があります。


アレルギー性肺炎の症状
アレルギー性肺炎の症状とは、まず痰を伴う咳がでます。病状が悪化しますと、呼吸困難や胸が締め付けられるような痛みも伴います。レントゲン撮影を行うと肺に炎症が認められます。そして存在する場所により、おさまりを見せたり、また出てきたりを繰り返します。職場では体調に全く問題は現れないのに自宅や特定の場所では体調が悪くなると言った事が起こるのです。

アレルギー性肺炎の原因
アレルギー性肺炎は、有機粉じんに含まれる微生物や鳥の糞などを繰り返し吸い込むことが原因で起こると考えられています。特に、長期的に真菌類や微生物を吸い込むことで起こりやすくなります。地域によって病態が違うことが特徴です。これは、その土地で育つ植物や動物の種類に違いがあること、気温や気候に違いがあるためと考えられています。

アレルギー性肺炎の検査と診断
アレルギー性肺炎は急性のものと、慢性のものがあります。急性のものは原因抗原から離れることで、症状が回復されますが、慢性のものは症状が長期間続き進行する事もあります。検査方法は血液検査や胸部X線検査などを受けることで、判断をすることができます。生活していく上で抗原を体内に入らない様にすることが、最善の予防策とされています。

アレルギー性肺炎の治療方法
アレルギー性肺炎の治療法では抗原の吸入を避けることが重要となります。住んでいる場所などが原因とする場合は、家の中に溜まっているばい菌やほこりなどを取り除き綺麗にしておく必要があります。防御マスクの装着も効果があります。薬物投与による方法もありますが、できれば上記の周りの環境を変えていく方法をお勧めします。自然に治る方が良いです。

アレルギー性肺炎の初診に適した診療科目

アレルギー性肺炎の専門外来

アレルギー性肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ